Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

1_20160824083708de5.jpg
DSC09773_20160824083707de0.jpg
DSC09775_20160824083707fd4.jpg
DSC09776.jpg
DSC09777_20160824083706027.jpg
DSC09778_2016082408370512f.jpg
DSC09779_20160824083743d64.jpg
DSC09780_20160824083743ac1.jpg
DSC09781_20160824083742cfe.jpg
DSC09782_201608240837426c4.jpg
DSC09783_20160824083741fe8.jpg
DSC09785_20160824083741376.jpg
DSC09787_20160824083827a02.jpg
DSC09788.jpg
DSC09789_201608240838264c4.jpg
DSC09790_20160824083826db4.jpg
DSC09792_20160824083825e3c.jpg
DSC09794_20160824083824009.jpg
DSC09796_20160824083903909.jpg
DSC09800_20160824083902cdf.jpg
DSC09801_201608240839029b5.jpg
DSC09802_2016082408390130c.jpg
DSC09804_20160824083901a61.jpg
DSC09805_20160824083900d4e.jpg
DSC09806_20160824083935ce9.jpg
DSC09807_20160824083935f23.jpg
DSC09808.jpg
DSC09810.jpg
DSC09812_2016082408393368b.jpg

  細川 護熙(1938年生れの78歳 )は、日本の政治家、陶芸家。
肥後熊本藩主だった肥後細川家の第18代当主。
上智大学法学部卒業。学位は法学士。朝日新聞社記者を経て第9回参議院議員
通常選挙に自由民主党公認候補として全国区から立候補し初当選。
その後、熊本県知事に転じ、2期8年務めた。知事退任後、日本新党を結成して
代表に就任し、参議院議員として再び国政に戻る。
還暦を機に議員辞職し、政界引退後は陶芸家として活動する。
スポンサーサイト


  太田 裕美(1955年生れの61歳)は、日本のシンガーソングライター。
本名は福岡 弘美(旧姓:太田)。東京都荒川区生まれ。夫は音楽プロデューサーの
福岡智彦、2男あり。
1973年NETテレビのオーディション番組『あなたならOK!』に出て優勝。渡辺プロと
新人養成契約を結び、西銀座のライブハウス「メイツ」でピアノ弾き語りで歌い始める。
1974年に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。
デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。1975年、日本レコード
大賞、日本歌謡大賞等で新人賞を受賞。
1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた
「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録。NHK紅白
歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。


  吉田 正(1921年 - 1998年)は、茨城県日立市出身の国民歌謡作曲家。
死後の1998年7月に国民栄誉賞受賞。
生涯作曲数は2400曲を越える。都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、
ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。また、鶴田浩二、
三浦洸一、フランク永井、松尾和子、橋幸夫、和田弘とマヒナスターズなど多くの
歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えたひとりである。
DSC09670_20160821093137d7b.jpg
DSC09675_20160821093136882.jpg
DSC09674_2016082109313623c.jpg
DSC09672_20160821093135c56.jpg
DSC09676_201608210931351a4.jpg
DSC09677_2016082109313488b.jpg
DSC09678_20160821093213f42.jpg
DSC09679_20160821093212623.jpg
DSC09681_20160821093212005.jpg
DSC09682_20160821093211f8b.jpg
DSC09683_20160821093211733.jpg
DSC09684_2016082109321017d.jpg
DSC09685_201608210932474fa.jpg
DSC09686_201608210932460f9.jpg
DSC09687_2016082109324647c.jpg
DSC09688_20160821093245fe1.jpg
DSC09689_20160821093245571.jpg

  お盆にどこへも行かなかった関係で好きな大衆演劇「金沢おぐら座」へ行って来た。
ハイウェイで金沢森本から北陸新幹線「森本駅」前にある小さな劇場だ。
1ヶ月公演単位で劇団が変わると言うもの。入場料は1,800円で一日2回公演。
思っていたより遠く3時間を超えた。
今回は「片岡梅之助・片岡大五郎」座長公演である。約2時間30分でお芝居や
歌ありで充分楽しめる。お客もほぼ満員である。
驚いたのはそのおひねり(ご祝儀)の多さだ。万単位で役者の着物に差し込む。
それだけ大衆演劇のファンがいると言うことか。日本は平和だね。
日本には約150の大衆演劇集団があると言われる。
今一番見たいのは「早乙女太一」かな。
とにかくささやかな満足感にひたりながら夜のハイウェイをひた走り帰路についた。
DSC00538_20160820082652c2e.jpg
DSC01276_201608200826513ba.jpg
DSC01317_201608200826510b9.jpg
DSC01357_20160820082650aa3.jpg
DSC01459_20160820082650c3e.jpg
DSC08856_2016082008264944e.jpg

  日本の夏休みに入り、ワイキキやビーチ、ショッピングセンターも家族連れの
観光客で賑わう8月。
いつもと違う、みんなと違うハワイ旅行を!と思っている人は、さまざまなイベントに
参加してみるのがおススメです。
ローカルと一緒に過ごすハワイを、夏休みの思い出に!

◆19世紀後半(明治時代)、当時さとうきび産業が最盛期を迎えていたハワイに
労働者として移民してきた日本の人々。
遠く離れた故郷に思いをはせて始まった盆踊りが、いつしかハワイの夏の風物詩
「ボンダンス」となりました。

ボンダンスのシーズンは、6月下旬から8月。
毎週末どこかしらの寺院で開催されており、焼きそばやシェイブアイスなどの屋台も
登場します。
昭和の香りがする、とてもレトロなボンダンス。
開催スケジュールは、地元新聞のウェブサイト(毎年6月上旬)に掲載されるので、
要チェックです!

<8月にホノルルで開催されるボンダンス>
■JODO MISSION OF HAWAII(浄土宗ハワイ) 8月19日(金)・20日(土)18:30~21:30
会場:1429 Makiki St.
TEL:808-949-3995

■SOTO MISSION OF HAWAII(曹洞宗ハワイ正法寺) 8月19日(金)・20日(土)
19:00~22:00
会場:1708 Nuuanu Ave.
TEL:808-537-9409

■NICHIREN MISSION OF HAWAII(日蓮宗ハワイ) 8月27日(土)18:00~21:00
会場:33 Pulelehua Way.
TEL:808-595-3517

■THE KAPAHULU CENTER(カパフルセンター) 8月27日(土)18:00~
※キッズ向けゲーム、フードブースは16:00~
会場:3410 Campbell Ave.
TEL:808-737-1748

◆アドミッション・デー 2016年8月19日(金)
8月第3金曜は、ハワイがアメリカ合衆国の50番目の州となった州制記念日で、
ハワイ州が定める祝日。
1795年にカメハメハ一世が建国してから、約100年続いたハワイ王国。
1893年に白人が起こしたクーデターによって、当時の女王リリウオカラニの王位が
剥奪され崩壊しました。
その後、1898年にアメリカの領土として併合されましたが、正式に州となったのは
1959年8月21日です。
アドミッション・デー当日、ショッピングセンターは通常営業。

◆メイド・イン・ハワイ・フェスティバル 2016年8月19日(金)~21日(日)
マカデミアナッツ、コーヒー、チョコレート、クッキーなどの特産物や加工食品、ファッション、
ジュエリー、植物、アートといったメイド・イン・ハワイの商品が集結。
有名レストランのシェフによる料理のデモンストレーションやハワイのトップ・ミュージシャン
によるエンターテイメントも行われるビッグイベントです。

<詳細>
■MADE IN HAWAII FESTIVAL(メイド・イン・ハワイ・フェスティバル)
開催日:8月中旬金~日曜 金・土曜10:00~21:00、日曜10:00~17:00
会場:777 Ward Ave. ニール・ブレイズデル・センター エキシビジョンホール&アリーナ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス2・13番利用
TEL:808-533-1292
料金:5ドル、6才以下無料

◆デュークス・オーシャンフェスト 2016年8月20日(土)~28日(日)
デューク像周辺のカラカウア通りとワイキキビーチで開催。
ワイキキビーチを背にして建つ像、デューク・カハナモクの誕生日(24日)を祝い開催される
フェスティバル。
デュークは、ハワイ初のオリンピック金メダリストであり、サーフィンの父と呼ばれ、ライフガード
でもあったハワイの英雄です。
祝賀イベントやサーフ大会、1つのサーフボードにカップルが乗って優雅なポーズや技術を競う
タンデムサーフ大会などたくさんのイベントが行われます。

<詳細>
■DUKE`S OCEAN FEST(デュークス・オーシャンフェスト)
開催日:8月下旬土曜から9日間 ※イベントスケジュールは、ウェブサイト参照
会場:ワイキキ カラカウア通りほか
TEL:808-545-4880

◆コリアン・フェスティバル 2016年8月27日(土)
韓国料理好きには見逃せない本場の韓国フードブースも多数出店。
ハワイ韓国商工会議所主催で行われる韓国フェスティバル。
カルビやトッポギ、マンドゥーなどの韓国料理をはじめ、ダンス、アート、音楽やエンターテイメント
を通して、過去から現代にいたるまでのユニークな韓国文化の魅力に触れることができる
人気のイベントです。
入場無料。

<詳細>
■KOREAN FESTIVAL(コリアン・フェスティバル)
開催日:7月中旬土曜10:00~21:00
会場:ダウンタウン ホノルル・ハレ(市庁舎)隣、シビックグラウンド
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス2・13番利用
TEL:808-792-9321


  池上 季実子(1959年生れの57歳)は、日本の女優。
ニューヨーク・マンハッタン区で出生、3歳の時に帰国し幼少期を京都で過ごす。
祖父は歌舞伎役者の八代目坂東三津五郎。十代目三津五郎の薦めで女優の
道へと進み、1974年にテレビドラマデビュー。特に『愛と誠』への出演で知名度が
上昇、以後、数々のドラマ・映画に出演。
1977年に堀越学園高校を卒業。同窓生には岡田奈々、森昌子、岩崎宏美らがいた。
時代劇では『草燃える』を皮切りに、『おんな太閤記』『徳川家康』『武田信玄』などに
ヒロイン役で出演したことで知られる。
1984年の『陽暉楼』で第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、1989年の『華の乱』
で第12回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞をそれぞれ受賞。女優として絶頂期を
迎える。


辻 仁成(1959年生れの57歳)は、日本の作家、ミュージシャン、映画監督、演出家。
「仁成」は、本名は「ひとなり」、作家活動では「ひとなり」、歌手・映画監督の場合は
「じんせい」と読む。バンド『ZAMZA』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と
称する。童話作家の東君平の英子夫人と辻の母親が従姉妹同士。女優の南果歩と
再婚、一児を授かるが、後に離婚。2002年に女優の中山美穂と3度目の結婚をしたが
2014年に離婚が成立した。フランス・パリを拠点に創作活動を続けている。函館観光
大使でもある。


  デュラン・デュラン(Duran Duran)は、イギリスのロックバンド。
1978年、イングランド中部・バーミンガムにて結成された。1980年代前半のニュー
ロマンティック(New Romantic)といわれるムーブメントやMTVブームの火付け役。
バンド名はジェーン・フォンダが主演したSF映画『バーバレラ』(1968年)で登場する
悪役「デュラン・デュラン (Durand-Durand) 博士」より。
1978年、ニック・ローズ(キーボード)、ジョン・テイラー(ギター)、サイモン・コリー
(ベース)、スティーヴン・ダフィ(ヴォーカル)の4人によって結成される。ところが
半年後にコリーとダフィが脱退。すぐに代わりのヴォーカルとしてアンディ・ヴィケット
が加入する。そして、その年の暮れにロジャー・テイラー(ドラム)が加入。しばらくは、
この4人で活動する。なお、ローズは、デュラン・デュラン結成時まで、キーボードの
演奏歴がほとんどなく、取材に対して「自分はタイプライターを叩くのが上手だった
ので、キーボードもすぐに上達すると思った」と答えている。
1_20160816090938e60.jpg
IMGP9832_201608160909372de.jpg
IMGP9839_2016081609093764b.jpg
IMGP9840_20160816090936087.jpg
IMGP9845_20160816090935bb4.jpg
IMGP9853_20160816090935c6b.jpg
IMGP9856_201608160910147c7.jpg
IMGP9859_201608160910142d3.jpg
IMGP9861_20160816091013864.jpg
IMGP9869_20160816091013ad7.jpg
IMGP9879_201608160910125b8.jpg
IMGP9882_201608160910126f4.jpg
IMGP9883_20160816091043eed.jpg
IMGP9887_20160816091042462.jpg
IMGP9885_20160816091041418.jpg

  2016年8月15日(月)鬼無里ふるさと夏まつりに出演しました。
あいにくの雨でしたので体育館でのステージとなりました。
フラはヨシコフラの皆さんが華麗に踊ってくれました。
鬼無里は初めてでしたが、皆さん喜んでくれ、また久しぶりの
アンコールも出て盛り上がりました。
この後は長野市出身のシンガーソングライターの清水まなぶのコンサート、
盆おどりと終日祭りに沸きました。
関係者の皆さんありがとうございました。


  島倉 千代子(1938年 - 2013年)は、日本の演歌・歌謡曲歌手である。出身は東京都
品川区北品川、学歴は日本音楽高等学校卒業。愛称は「お千代さん」。
警察官の父・島倉壽雄、母・ナカの二男四女の四女として生まれる。
1945年、7歳、長野松本市へ疎開。井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、
左手首からひじまでを損傷。母・ナカが「女の子だから残して欲しい」と医師に懇願し、
切断は免れたが、感覚も無く、動かすこともできなくなる。この時の輸血がのちに千代子が
患ったC型肝炎の遠因となった。気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは「リンゴの唄」
を聞かせるようになる。後に「この世の花」で歌手デビューを遂げた千代子だが、「この世
の花」の作曲は「リンゴの唄」の作曲と同じく万城目正によるもの。