Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。



スポンサーサイト




  桂 歌丸(1936年生れの81歳)は、日本の落語家。本名は椎名 巌。
神奈川県横浜市の出身・在住。定紋は『丸に横木瓜』。横浜商業高等学校定時制中退。
出囃子は『大漁節』。公益社団法人落語芸術協会会長。当初は新作落語中心だったが、
近年は、廃れた演目の発掘や三遊亭圓朝作品など古典落語に重点を置いて活動している。
地元・横浜においては横浜にぎわい座館長、横浜橋通商店街名誉顧問も務めている。
位階勲等は旭日小綬章。
演芸番組『笑点』の放送開始から大喜利メンバーとして活躍し、2006年から2016年まで
同番組の5代目司会者を務め、同日付で終身名誉司会者となった。




小室 哲哉(1958年生れの59歳)は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサーである。
東京都府中市出身、東京多摩振興特命武蔵国府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部
教授。妻はglobeのボーカルのkco。
3歳からヴァイオリンのレッスンを始めて、音感のベースを学ぶ。小学生の頃から既に
クラシックのインストゥルメンタルの楽曲を作っていた。小学5年生、母がエレクトーンを購入。
これが鍵盤楽器との出会いとなる。
1994年、観月ありさ、篠原涼子、trf、hitomi、内田有紀、H Jungle with t、dos、globe、華原
朋美、安室奈美恵など、多数の作詞、作曲、編曲と音楽プロデュースを兼任して行った。
1994年から1999年の間に数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て、各メディアにおいて
「小室ファリー」、「小室サウンド」、「小室系」といった名称でカテゴライズされる少年時代から
の夢だった小室ブームという社会現象を起こした。


CDにつきましては026-221-2555(有限会社第一サービス)へお問い合わせください。

コマツ姫

小松姫・・・「謀略の家」真田家に嫁いだ徳川四天王の娘。
敵となった舅・真田昌幸が孫の顔を見たいと信之の沼田城へ寄った時、留守を
預かっていた小松姫は、甲冑を身に着け入城を拒否した。が、その後密かに
他所へ舅を招き、孫の顔を見せたと言う。
1573年生れ。猛将・本多忠勝の娘。1629年没。
信之は「我が家から光が消えた」と嘆いたと言う。
CDにつきましては026-221-2555(有限会社第一サービス)へお問い合わせください。
P1010003_20170423090200df5.jpg
P1010007_201704230901591a5.jpg
P1010008_20170423090158da3.jpg
P1010009_20170423090158da7.jpg
P1010014_201704230901575f7.jpg
P1010016_20170423090155e48.jpg
P1010018_20170423090240c3b.jpg
P1010023.jpg
P1010027_20170423090238051.jpg
P1010030_201704230902370ee.jpg
P1010032.jpg
P1010033.jpg
P1010035_20170423090303468.jpg
P1010039_20170423090302635.jpg

 本日はデイサービス「若槻ホーム」でライブを行いました。
5月3日に行われるトイーゴライブの前哨戦?と言うことでしようか。
皆さん喜んでくれて大いに盛り上がりました。
これで長野市表参道芸術音楽祭も大丈夫?


  清宮 克幸(1967年生れの54歳)は、大阪市福島区出身の元ラグビー選手で、早稲田大学
ラグビー蹴球部の元監督。トップリーグヤマハ発動機ジュビロの監督。長男は清宮幸太郎。
その後早稲田大学に入学し、2年時に日本選手権優勝、4年時は主将として全国大学選手権
優勝する。
卒業後はサントリーに入社、中心選手として主将も務めた。年代別日本代表でも活躍し、
1985年高校日本代表では主将を務め、1990年U23日本代表としてアメリカ代表に勝利。
1992年日本選抜でオックスフォード大学に勝利した。フル代表には惜しくも選出されなかった。
1995年度にはチームは全国社会人大会優勝、日本選手権優勝を達成した。1997,1998年度
全国社会人大会準優勝、2001年に現役を引退した。


  小田 和正(1947年生れの70歳)は、日本のニューミュージックシンガー、シンガーソング
ライター、音楽プロデューサー。元オフコースのリーダーでボーカル。
小田は東北大学に進学、建築学を専攻。グループは「ジ・オフ・コース」と名付けられた。
1969年、アマチュア音楽活動にけじめをつけるために「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテ
スト」に東北地区より出場。全国大会は赤い鳥、フォー・シンガーズら強敵がいたが、
小田曰く「寝ててもできるくらい」猛練習を重ね、自信をもって臨んだにもかかわらず、
1位は赤い鳥、オフコースは2位だった。小田らは優勝して音楽活動にけじめをつけるつもり
だったが、2位になったことで「このまま終われない」とプロの道を歩むことを決める。