fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

chixyannpuru


1978年喜納昌吉青年は地元沖縄で民謡酒場「ミカド」を営んでいた。
当時としては珍しいエレキで民謡を奏でていたのだ。と言うのも流行していたのがロックとジャズ
のリズムであった。
そこで生まれたのが名曲「花~すべての人の心に花を」だった。
当時「琉球アンダーグラウンド」に所属していたイギリス人ミュージシャン「キース・ゴードン」が
これを世界に広めたことで日本より世界でヒットしたのだ。
そして1980年ハワイで出したアルバム「Blood Line」でスライドギターの名手ライ・クーダーが
この演奏に特別参加、一躍脚光を浴びた。
1990年ようやく日本でヒット、以下世界の歌手は次の通り。
 ・日本・・・おおたか静流
 ・台湾・・・周 華健
 ・中国・・・北京男性コーラス
 ・インドネシア・・・デライ・クルシア
 ・アルゼンチン・・・クラシエラ・クサーナ
 ・マダガスカル・・・タリカ・サミ
 ・ハワイ・・・テレサ・ブライト
 ・タイ・・・カラワン(あなたに花を)
などとなっていて、全世界CD3.000万枚の売り上げを打ち立てている。
 喜納 昌吉(きな しょうきち、昭和23年(1948年生まれ )は、ウチナー・ポップを代表する音楽家。日本の政治家。参議院議員(1期)。沖縄県コザ市(現・沖縄市)出身。
沖縄民謡の第一人者喜納昌永の四男。
 沖縄民謡を元にした独特のメロディーとウチナーグチ(沖縄語)が特徴的なポップスを歌ってきた。彼のバンド「喜納昌吉&チャンプルーズ」の音楽は、りんけんバンド、ネーネーズ等のものと共に「ウチナー・ポップ」とも呼ばれる。
 平和活動に携わり、「すべての人の心に花を(「花」の副題でもある)、すべての武器を楽器に、すべての基地を花園に、戦争より祭りを」というメッセージを発信し続けている。2002年には、このメッセージをテーマとするNGO、ピースメーカーズ・ネットワーク(PMN:Peace Makers Network)も作られた。2000年5月には北朝鮮平壤を訪問。現在も人道上の観点から対北朝鮮経済制裁に反対している。
写真は若き日の「喜納昌吉&チャンプルーズ」の皆さん。

スポンサーサイト



テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽