fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

DSC01325.jpg
DSC01326_20110125090503.jpg
DSC01332_20110125090503.jpg
DSC01333_20110125090502.jpg
DSC01327_20110125090501.jpg
DSC01328.jpg
DSC01329.jpg
DSC01330.jpg
DSC01334_20110125090602.jpg
DSC01336.jpg
DSC01337.jpg
DSC01338.jpg
DSC01388.jpg
DSC01389.jpg

 ハワイはカイルア・コナに日系人の始めたコーヒー農園があった。
ウチダ・ファームである。現在はミュージアム(博物館)として
保存されている。
1900年明治政府の移民政策により日本から約600名の
サトウキビ栽培が目的で入植した。そこがラハイナである。
その中に熊本県出身の内田大作さんがいた。サトウキビ栽培は過酷
を極めおまけに低賃金に見切りをつけ、当時有望とされたコーヒー
の栽培のためカイルアに移り住み農場のリース契約を結ぶ。
内田大作さんの先見の明があったのだ。1912年日本人女性と結婚、
1915年長男正男さんが誕生した。その後7人の子供に恵まれ家族で
コーヒー農場を支えた。これがコナ・コーヒーの誕生である。
コナ・コーヒー繁栄の影に日系人がかかわっていたことは余り知られていない。
1994年農場のリース契約が切れ農園は廃業したがミュージアムとして今も
保存されている。現在この兄弟は健在でホノルルに住んでいる。

コナ・コーヒーとは・・・
ハワイのハワイ島西岸のコナコーストで主に栽培されているコーヒーの総称
である。 アメリカ合衆国の州では、ハワイ州がコーヒーを商業ベースで生産
している唯一の州であり、ホワイトハウスの公式晩餐会で出されるコーヒーは
必ずコナコーヒーである。 なお、日本企業でも、UCCやドトールコーヒーが
コナコーストで観光農園を経営している。
非常に強い酸味を持つ。ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われる。
ブルーマウンテンに次ぐ高価な豆である。高価な理由は、希少価値というよりも、
コーヒー豆の原産国のうち、唯一先進国のため、人件費・土地代などの費用が
高いためと言われている。
スポンサーサイト



テーマ:ハワイ生活 - ジャンル:海外情報