fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。




 『いとしのレイラ』(原題:Layla)はアメリカのロックバンド、デレク・アンド・ザ・ドミノスのアルバム
『いとしのレイラ(原題:Layla and Other Assorted Love Songs)』のタイトル曲。
作詞・作曲は、エリック・クラプトンとジム・ゴードン。
エリック・クラプトンがクリーム解散後(1970年)、デレク・アンド・ザ・ドミノスで活動時に発表した。
アルバム『いとしのレイラ』のタイトル曲。
この曲は、クラプトンが親友ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋をしてしまい、その私的感情
から生まれた曲。歌詞の内容も、当時のクラプトンの悩み苦しんでいる気持ちが前面に押し出されている。
曲が収録されているアルバム『いとしのレイラ』自体は、発売当時評判が悪く、イギリスのチャートでも
振るわなかったが、その後発売された「ロングバージョン」は全英米で10位と大ヒットし、その後もチャートを
振るわせた。
スポンサーサイト



テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽