fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。



 イズラエル・カマカヴィヴォオレ(Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole、
1959年-1997年)は、アメリカ合衆国、ハワイ州出身のシンガー。
通称イズ(IZ)。340kgを超える巨体から美しい歌声で魅了する、ハワイ州を中心に
死後の現在でも伝説的な人気がある歌手である。
 1959年5月20日にホノルル市内の病院で生まれる。ホノルル市近郊のカイムキで
少年期を過ごし、11歳の時に兄のスキッピーとともに音楽活動を開始し、その後
1976年に兄とともにバンド「マカハ・サンズ・オブ・ニイハウ(Makaha Sons of
Niʻihau)」に参加した。
同バンドは1980年代にかけて活動し人気を博すものの、1982年にスキッピーが
心臓発作で亡くなってしまう。
1990年に初のソロアルバムを出し、1993年に発表したアルバム「Facing Future」の
ヒットでハワイ以外でも広く知られるようになった。同アルバム収録の「Somewhere
Over the Rainbow/What aWonderful World(虹の彼方に/この素晴らしき世界)」は
内外の数多くの映画やテレビ番組、及び広告で使用されている。
1997年6月26日に、肥満が原因で、妻と一人娘を残したまま38歳の若さで死亡した。
しかし、死後10年以上たった現在でもハワイ州のみならず世界各国で高い人気を持つ。
ハワイ州を代表するミュージシャンの死を悼んで、7月10日に行われた葬儀の日には
ハワイ州旗が半旗掲揚となった。
スポンサーサイト



テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽