fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

DSC04498_20140726090354f57.jpg
DSC04499.jpg
DSC04500.jpg
DSC04501_201407260903521b4.jpg
DSC04502.jpg
DSC04503_20140726090350a44.jpg
DSC04504.jpg
DSC04505_20140726090443a21.jpg
DSC04506_201407260904439ff.jpg
DSC04507_20140726090442fbc.jpg
DSC04508.jpg
DSC04509.jpg
DSC04510_2014072609052349e.jpg
DSC04511_20140726090522426.jpg
DSC04513_20140726090521050.jpg
DSC04514.jpg
DSC04515_20140726090519d26.jpg
DSC04516_2014072609051980d.jpg
DSC04517_201407260905597d7.jpg
DSC04518_20140726090558228.jpg
DSC04519.jpg
DSC04521_20140726090557fab.jpg
DSC04522_20140726090556046.jpg
DSC04523.jpg

  名器の選定において世界でもトップクラスの鑑定眼を持ち、ストラディヴァリウス、
グァルネリ・デルジェス、アマティといった世界中の数多くの名器の修理を手掛けてきた
ヴァイオリンドクターの中澤宗幸。
イヴリー・ギトリス氏、アマデウスQの故ロバート・ブレイニン氏、アルバンベルグSQの
ギュンター・ピヒラー氏、国内では東京藝術大学ほか各音楽大学の教授、ほか多くの
著名ヴァイオリニストとの交流がある。
工房においては、長年の名器の修復・調整を手掛けてきた知識とノウハウ、数え切れ
ないほどの板厚、アーチ、ニスの分析データなどにより、音の調整、メンテナンスを日々
行っている。
理念は「美・創造・進化のもとに、クレモナの至福を今、そして未来に伝えていく」。
今年73歳になるが益々意気盛んでもある。

スポンサーサイト