Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

yumeria_201607310851022ba.jpg
sn-2_201607310851021b8.jpg

8月6日(土)に行われる長野びんずる祭り協賛「長野駅東口ゆめりあ夏まつり」
のテレビCMの画像です。
さらに8月15日(月)に行われる「鬼無里ふるさと夏まつり」の案内記事が週刊長野に
掲載されました。これはがんばらなくてはね。
これはいずれもメンバーのナイツ♪テラシマ氏からの提供です。
スポンサーサイト
1_20160730085335b39.jpg
2_201607300853345f1.jpg
3_201607300853343c4.jpg
DSC08310.jpg
DSC08311.jpg
DSC08312_2016073008533259a.jpg
DSC08314.jpg
DSC08316_20160730085408a01.jpg
DSC08317_20160730085408844.jpg
DSC08321_2016073008540715e.jpg
DSC08323.jpg
DSC08325_201607300859544c2.jpg
DSC08326_20160730085953d04.jpg
DSC08327_20160730085953b10.jpg
DSC08328_20160730085952a29.jpg
DSC08329_2016073008595282d.jpg
DSC08330_20160730085951855.jpg
DSC08331_20160730090029643.jpg
DSC08332_20160730090028daa.jpg
DSC08333_2016073009002821d.jpg
DSC08334_201607300900277bb.jpg
DSC08336_20160730090027553.jpg
DSC08337_20160730090026f01.jpg
DSC08338.jpg
DSC08339_20160730090107848.jpg
DSC08341_20160730090106dc7.jpg
DSC08342_20160730090106b3c.jpg
DSC08345_20160730090105167.jpg
DSC08346_20160730090105d5d.jpg
DSC08348_20160730090128716.jpg
DSC08349_20160730090127610.jpg

  新城 幸也(あらしろ ゆきや、1984年生れの32歳)は、沖縄県石垣市出身のサイクル
ロードレース選手。沖縄県立八重山高等学校卒業。
2009年7月には、別府史之とともに日本選手として13年ぶりにツール・ド・フランスに出場し、
日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人となった。更に2010年の
ジロ・デ・イタリアを完走し、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの2大グランツールを
初めて完走した日本人ライダーとなった。2012年のツール・ド・フランスでは第4ステージに
おいて敢闘賞を獲得。日本人で初めてグランツールの表彰台に上がった選手となった。
2016年、ツアー・オブ・カタールでのレース中に転倒し、左大腿骨を骨折したが、5月29日に
開幕したツアー・オブ・ジャパンでレースに復帰し、6月4日の第7ステージ(伊豆ステージ)で
ステージ優勝をあげた。

DSC08483_20160729085520511.jpg

  日本を代表するピアニストで、世界的に活躍した中村紘子(本名:福田紘子)さんが、
今月26日、大腸がんのため、東京都内の自宅で亡くなりました。72歳でした。
昭和19年に山梨県で生まれた中村紘子さんは、3歳でピアノを習い始め、中学3年の
とき、今の日本音楽コンクールで史上最年少で1位になりました。
昭和40年には世界の一流ピアニストへの登竜門として知られる「ショパン国際ピアノ
コンクール」で、日本人で初めて4位に入る快挙を成し遂げ、その後も繊細さと躍動感を
兼ね備えた演奏で多くのファンを魅了し、日本を代表するピアニストとして世界的に活躍
しました。
これまでに国内外で3800回を超える演奏会を行い、平成20年に紫綬褒章を受章した
ほか、翌年には日本芸術院賞・恩賜賞に選ばれています。
中村さんは、おととし大腸がんが見つかり、その後、演奏活動の休止と復帰を繰り返して
いましたが、およそ2年半の闘病の末、今月26日、東京都内の自宅で亡くなったという
ことです。


  藤山 直美(1958年生れの58歳)は、日本の女優。本名、稲垣 直子。
京都市出身。京都女子高等学校卒業。
実父は喜劇俳優で松竹新喜劇で活躍した藤山寛美。5人姉妹で唯一父と
同じ道を歩み、以後舞台を中心に活躍する。1964年、父が主役を務めた、
NHKのテレビ番組『お好み新喜劇・初代桂春団治』でデビュー。小学校に
入学する前には子役として吉本新喜劇の舞台に立つこともあったという。
90年代からはドラマでは岸部一徳と共演することが特に多く、特に恋仲の
役になる事が多い。他にも中村勘三郎、波乃久里子、柄本明らと共演する
ことが多い。


  コロッケ(1960年生れの56歳)は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、歌手。
本名、瀧川 広志。熊本市出身。熊本開新高等学校卒業。
ものまねを始めたきっかけとして、本人は姉やピーターの影響を挙げている。
1985年、フジテレビ『ものまね王座決定戦』の出演で一躍人気芸人となり、ものまね
タレントの代名詞的存在となる。ものまね四天王の一人としてフジテレビの『ものまね
珍坊』にレギュラー出演。またTBSにて自身の冠番組『そんなコロッケな!?』→『コロッケ!!
噂の芸能界』も持つようになった。
現在も中日劇場や新宿コマ劇場などの大劇場での座長公演を定期的にこなし、
喜劇役者として円熟度を増している。
DSC07617_2016072609052379f.jpg
DSC07618_20160726090523bb0.jpg
DSC07620_20160726090522531.jpg
DSC07621_20160726090521ed1.jpg
DSC07622_20160726090521231.jpg
DSC07643.jpg
DSC07607_20160726090545d47.jpg

  バッキー白片の秘蔵写真を入手。
バッキー白片(1912年 - 1994年)は昭和期に活躍したハワイアン・バンド、
バッキー白片とアロハ・ハワイアンズのリーダー。
本名白片 力(しらかた つとむ)。
日系2世。父は山口県からハワイに渡った移民1世で、建築業を営んだ。
二男として生まれ、欧名としてレイモンドを名乗った。バッキーは愛称。
小学校時代はウクレレに親しみ、中学でギター、ドラムを学び、17歳から自宅で
スティール・ギターを演奏。
昭和8年ハワイ大学進学のためにやってきた灰田有紀彦のインタビュー記事を
地元紙で読んで知遇を求め、日本行きを相談。
大学の最終学年(医学部)にいるのだから卒業後に来日するように勧められたが
気持ちを抑えきれず、友人たちとアロハ・ハワイアン・トリオを結成して来日、
日本コロムビアで「アカカの滝」「フイ・エ」を録音した。
9年いったん大学に戻り、10年無事に卒業して改めて来日。
この時、初めて日本に電気を用いたスティール・ギターを持ち込んだ(それまでは
アコースティックのスティール・ギターしか入ってきていなかった)。
12年日本に帰化。
DSC07737_2016072508431762c.jpg
DSC07738_2016072508431681a.jpg
DSC07742_20160725084316f5e.jpg
DSC07744_20160725084315ef2.jpg
DSC07745_20160725084315ca2.jpg
DSC07746_20160725084314723.jpg
DSC07750_201607250843563e0.jpg
DSC07751_20160725084356f4a.jpg
DSC07753_201607250843555c4.jpg
DSC07755_20160725084355e39.jpg
DSC07756.jpg
DSC07757_20160725084354bec.jpg
DSC07759_20160725084434e7e.jpg
DSC07760.jpg
DSC07763_20160725084433c90.jpg
DSC07766.jpg
DSC07767_20160725084431dee.jpg
DSC07768_20160725084431240.jpg
DSC07769_20160725084520622.jpg
DSC07771_2016072508452014c.jpg
DSC07773_2016072508451967d.jpg
DSC07775.jpg
DSC07776_201607250845189a3.jpg
DSC07777_20160725084517280.jpg
DSC07778_201607250845549ea.jpg
DSC07779_201607250845533a1.jpg
DSC07780_201607250845535fa.jpg
DSC07782.jpg
DSC07783_2016072508455240b.jpg

  小籔 千豊(こやぶ かずとよ、1973年生れの42歳)は、日本の喜劇男優、お笑い
タレント、ミュージシャン。吉本新喜劇座長。大阪府大阪市住之江区出身。
1993年、山田知一(現在はやまだともカズの名で構成作家として活動)と漫才コンビ
「ビリジアン」を結成。フルーツ大統領のメンバーに編成されるなどするも、相方の
山田が構成作家を志し、見捨てられるようなかたちで2001年に解散。
この時「俺はおもろない、売れない」と思っていたという。
2005年3月には「吉本新喜劇 川畑泰史・小籔千豊公演 がんばろっカナ!〜キャン
ペーン」をなんばグランド花月にて開催。
2008年に、亡くなった小籔の母親への後悔の思いを歌った「プリン」を発売し、
歌手デビューも果たした。




ペギー葉山(本名:森 繁子・1933年生れの83歳)は、日本の女性歌手、タレント。
社団法人日本歌手協会名誉会長)。 東京都新宿区出身。青山学院高等部卒業。
1952年にキングレコードよりレコードデビュー。
1952年11月にキングレコードから「ドミノ/火の接吻」を発売し、レコードデビュー。
1954年には「第5回NHK紅白歌合戦」に紅白歌合戦初出場を果たす。渡辺弘と
スター・ダスターズの専属解除後の1955年2月には初渡米。各地で歌い、盛況を博す。
1965年に俳優の根上淳と結婚、1968年には長男(自閉症)を出産している。根上とは、
芸能界きってのおしどり夫婦で知られ、1998年に根上が糖尿病の合併症から来る
脳梗塞で倒れてから2005年に亡くなるまで歌手業の傍ら在宅介護を続けた。
1958年、ミュージカル『あなたの為に歌うジョニー』で芸術祭個人奨励賞受賞。
翌1959年には「南国土佐を後にして」の空前の大ヒットで、ジャズ/ポピュラー界だけではなく
歌謡界においても、その地位を不動のものにする。


  皇后美智子(1934年10月20日生れの82歳 )は、今上天皇の皇后。
前姓は正田(しょうだ)。皇室典範に定める敬称は陛下。日本赤十字社名誉総裁、
国際児童図書評議会名誉総裁。
1957年聖心女子大学文学部外国語外国文学科を首席で卒業。
1958年11月27日、結婚が皇室会議において満場一致で可決された。


  藤 竜也(本名:伊藤 龍也、1941年生れの75歳)は、日本の俳優。北京生まれ、
神奈川県横浜市育ち。日本大学芸術学部演劇学科卒業。愛称はツモちゃん。
大学在学中にスカウトされ日活に入社、1962年映画『望郷の海』でデビュー。
数多くの映画に出演した。硬派・コミカル・シリアス・バラエティとあらゆる役幅を
持っており、演技力は自在。70年代前半までは凶悪犯や用心棒などの悪役・
敵役を演じる機会も多かった。現在、スポーツジム等で身体を作る俳優は多いが、
藤竜也はその先駆者とも言える。テレビドラマの『時間ですよ』で人気を博した頃
より後、彼の肉体はいつしか鍛え上げられたものへと変貌し、藤の役者としての
プロ意識・美学が窺われる。
妻は元日活女優の芦川いづみ。
1_20160721085922b21.jpg
2_20160721085922706.jpg
DSC06719.jpg
DSC06720_20160721085921af8.jpg
DSC06721_201607210859207cb.jpg
DSC06722_20160721085920a5d.jpg
DSC06723.jpg
DSC06724_20160721090006c87.jpg
DSC06724-1.jpg
DSC06725_201607210900051f8.jpg
DSC06726_20160721090005f94.jpg
DSC06728_20160721090004752.jpg
DSC06729.jpg
DSC06731.jpg
DSC06732_20160721090044574.jpg
DSC06734_2016072109004377a.jpg
DSC06735_20160721090043ff7.jpg
DSC06737_20160721090042c34.jpg
DSC06738_20160721090125c56.jpg
DSC06741_2016072109012474e.jpg
DSC06742_201607210901239bc.jpg
DSC06744_2016072109012307b.jpg
DSC06746_20160721090122a99.jpg
DSC06747_20160721090122b17.jpg
DSC06749_201607210902038d3.jpg
DSC06751_20160721090203165.jpg
DSC06753_20160721090202f75.jpg
DSC06754_20160721090201bde.jpg
DSC06755_20160721090201937.jpg
DSC06756_201607210902004e2.jpg

  福原 愛(1988年生れの28歳)は、日本の卓球選手。宮城県仙台市生まれ。
日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。
ITTF世界ランキング最高位は4位(2015年10月)。青森山田高校卒、早稲田大学
スポーツ科学部中退。内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」。
中学の3年間は世界各地のITTFプロツアーに数多く出場。安定した成績を見せ、
世界ランキングを上げていった。この頃国内の高校以下では無敵となり、また国際
試合での強さも見せ、国内シニアの選手にも勝てるようになっていった。選考会など
を経て14歳の若さで2003年世界卓球選手権個人戦に抜擢され出場し、日本勢の中
で一人躍進、ベスト8に進出。この結果により翌2004年3月の世界選手権団体戦と、
4月のアテネ五輪アジア予選出場が内定。2001年にはコーチの黄智敏と1分間に
175回のラリーを続けるというギネス記録を達成している。
7ロンドンオリンピック卓球競技では、日本勢オリンピック史上初の決勝進出を果たす。
決勝戦で中国に0-3で敗れ2位となったが、日本卓球史上初となる銀メダルを獲得した。
DSC07557_20160720140313e55.jpg

  テレビ司会者として知られた大橋巨泉(本名大橋克巳)さんが、
12日午後9時29分、急性呼吸不全のため千葉県内の病院で 死去した。
82歳だった。葬儀は近親者で営んだ。後日しのぶ会を開く予定。
喪主は妻寿々子さん。
東京都出身。早稲田大政経学部を中退後、ジャズ評論家、放
送作家を経て1966年に深夜番組「11PM」の司会者に。
「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズで売り出し、
テレビにギャンブルとお色気の要素を持ち込んだ。万年筆の
CMで「はっぱふみふみ」、食品CMでは「なんちゅうか、
本中華」という流行語を生み出した。
1_20160720085528bfc.jpg
2_2016072008552707a.jpg
DSC07416_201607200855272de.jpg
DSC07417_20160720085526ede.jpg
DSC07418_20160720085525b2d.jpg
DSC07420_201607200855255ea.jpg
DSC07422_20160720085635201.jpg
DSC07424_20160720085634982.jpg
DSC07425_201607200856341a0.jpg
DSC07426_20160720085633abf.jpg
DSC07427_20160720085633469.jpg
DSC07429_20160720085632e16.jpg
DSC07431_201607200857176df.jpg
DSC07432_20160720085717a5a.jpg
DSC07433.jpg
DSC07434.jpg
DSC07436_201607200857151de.jpg
DSC07437_20160720085714df0.jpg
DSC07438_20160720085755723.jpg
DSC07440_20160720085754fbf.jpg
DSC07442_2016072008575414d.jpg
DSC07443_20160720085753a2e.jpg
DSC07444_20160720085753133.jpg
DSC07445.jpg
DSC07446_20160720085831b07.jpg
DSC07447_20160720085830243.jpg
DSC07448.jpg
DSC07449.jpg
DSC07450.jpg
DSC07451_2016072008582894c.jpg
DSC07452_2016072008585162d.jpg
DSC07454_20160720085850ae0.jpg

  濱田 真由(1994年生れの22歳)は、日本のテコンドー選手(WTF)。
徳山大学在学中。
佐賀県立高志館高等学校在学中の2010年3月、世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得。
2011年2月に全日本テコンドー選手権大会初出場で初優勝を達成。11月27日、ロンドン
オリンピックアジア地区予選女子57キロ級で3位に入り、日本のオリンピック出場枠を獲得、
その後テコンドー史上日本勢最年少の17歳でオリンピック出場が内定。
ロンドンオリンピックでは初戦でザニノビチ(クロアチア)に14-11勝利したが、準々決勝で
金メダルを獲得したジョーンズ(イギリス)に3-13で敗れた。その後、敗者復活戦でグラド
ビッチ(セルビア)に15-2で勝利して3位決定戦に進出し、フランスのアルノワに8-12で
敗れてメダル獲得はならなかったが5位入賞。
2015年の世界テコンドー選手権大会(ロシア・チェリャビンスク)女子57kg級の決勝に進出し、
世界ランク2位のエバ・カルボ・ゴメス(スペイン)を降し、世界選手権大会において日本人
初の金メダルを獲得した。
1_201607190857314af.jpg
DSC07267.jpg
DSC07268_20160719085730433.jpg
DSC07269_2016071908572933c.jpg
DSC07270_20160719085729e8d.jpg
DSC07272.jpg
DSC07275_201607190858173d8.jpg
DSC07277_20160719085816451.jpg
DSC07279.jpg
DSC07280.jpg
DSC07281.jpg
DSC07284.jpg
DSC07285_20160719085854c08.jpg
DSC07288_2016071908585348c.jpg
DSC07289.jpg
DSC07290.jpg
DSC07291.jpg
DSC07293_20160719085918cb4.jpg
DSC07295_20160719085917610.jpg
DSC07296.jpg

  歌詞の内容が賛否両論を呼んでいる歌手・森山直太朗の新曲「生きてることが
辛いなら」(8月27日発売)が、一部コンビニエンスストアなどで"オンエア禁止曲"
になったことが19日(火)、明らかになった。不特定多数の客が来店するコンビニは
「非常に大事なプロモーション箇所」としており、新曲発売直前に思わぬ痛手を
被る形となった。
森山の友人である御徒町凧(おかちまち・かいと)氏が書いた歌詞は、冒頭から
「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい」といったフレーズで始まり、
一部で自殺を助長しているとされ、発表後から賛否両論が沸き起こった。
そんななか、店舗数や24時間営業など魅力的なプロモーション場所として人気の
コンビニから、店内放送用の楽曲として"使用不可能"という判断が下った。

1_20160718084849e3b.jpg
DSC07318_201607180848485cd.jpg
DSC07319_20160718084848f4f.jpg
DSC07320_20160718084847b2d.jpg
DSC07323.jpg
DSC07325_20160718084846623.jpg
DSC07326_20160718084926573.jpg
DSC07327_20160718084926134.jpg
DSC07328_2016071808492582a.jpg
DSC07329_201607180849246b7.jpg
DSC07332_20160718084924723.jpg
DSC07333_20160718084923e40.jpg
DSC07334_20160718085009c39.jpg
DSC07335_20160718085008005.jpg
DSC07336_2016071808500843d.jpg
DSC07337_2016071808500754c.jpg
DSC07339.jpg
DSC07340_20160718085006ca8.jpg
DSC07341_20160718085043171.jpg
DSC07342_20160718085042788.jpg
DSC07343.jpg
DSC07345_20160718085041f10.jpg
DSC07346_201607180850416b5.jpg
DSC07348.jpg
DSC07349_20160718085100ccc.jpg

  鈴木 亜由子(1991年生れの25歳)は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走。
愛知県豊橋市出身。
2014年、大学卒業と同時に日本郵便に入社し、同年に結成された日本郵政グルー
プ女子陸上部に第1期選手として参加した。社会人2年目の 2015年、第99回日本
陸上競技選手権大会女子5000mで3位に入り、第15回世界陸上競技選手権大会
日本代表に選出された。世界陸上本番では8月27日の予選2組で15分28秒18で6位と
なり決勝に進出し、8月30日の決勝レースでは1000〜2000までは、尾西美咲と先頭を
引っ張り、3000以降も上位をキープ。15分08秒29の自己ベストタイム(日本歴代5位)
の記録で9位となった。
この結果をもって、リオデジャネイロオリンピック女子10000m及び5000mの日本代表
選手に選出された。
P1020003_20160717083822842.jpg
P1020002_201607170838213e0.jpg
P1020013_20160717083821bec.jpg
P1020004_20160717083820a58.jpg
P1020005_20160717083820be9.jpg
P1020008_2016071708381997b.jpg
P1020010_2016071708385670d.jpg
P1020009_201607170838551d6.jpg

  長野市が主催する「街角アート&ミュージック」が松代城址
公園で行われました。
昨日まで大雨、ところが今日は一転して快晴。日頃の行いが良かった?
暑さも気になりませんでした。
とにかくいろいろなジャンルの方が腕を競いそして楽しむ。
文化っていいなあと思いますね。
大きなミスもなく無事終わってホッとしました。
皆ん~なありがとう。
DSC06770_201607160839361dd.jpg
DSC06771_201607160839357c7.jpg
DSC06773_201607160839349bc.jpg
DSC06774_201607160839344cf.jpg
DSC06775_201607160839338c6.jpg
DSC06776_20160716083933265.jpg
DSC06777.jpg
DSC06778_20160716084011e52.jpg
DSC06779_20160716084010706.jpg
DSC06780_2016071608401091e.jpg
DSC06781_201607160840098d6.jpg
DSC06782_20160716084008030.jpg
DSC06783_201607160840342c3.jpg

  平井 堅(1972年生れの44歳)は、日本のシンガーソングライター。
大阪府生まれ三重県育ち。横浜市立大学出身。
大学在学中から横浜市関内のライブハウス専属の歌手等で活動する傍ら、
Sony Music Entertainment Auditionに自作ビデオを応募し、入選したのを
きっかけに1993年よりソニーレコードと契約。1995年にCDデビュー。
1枚目のシングル「Precious Junk」はフジテレビドラマ『王様のレストラン』
(三谷幸喜作品)のタイアップであったものの、オリコン最高50位と振るわ
なかった。デビュー翌年には『オールナイトニッポン』のジングルを担当し
ていたこともあった。
2001年に第30回ベストドレッサー賞(芸能部門)受賞、2005年にはデビュー
10周年を記念し、初の写真集『歌バカ一代』を学研より10万部限定で
発売している。

DSC03694_20160715090918f56.jpg
DSC03696_20160715090917c43.jpg
DSC03698_20160715090916ed7.jpg
DSC03712_201607150909166b3.jpg
DSC03713_20160715090915f2b.jpg
DSC03738_20160715090915855.jpg

  独立記念日の花火で始まる7月のハワイ。
人気ミュージシャンが登場する野外ライブにウクレレやフラのフェスティバルなど、
のんびりと芝生に座りながら楽しめるイベントがいっぱい!
街のいたるところでセールの文字が躍り、ショッピング派にはたまらない月でもあります。

◆ホノルル動物園 「ワイルデスト・ショー・イン・タウン」 2016年7月6・13・20・27日(水)
6~8月の水曜日に動物園の野外ステージで開催されるコンサートシリーズ。
ハワイの人気ミュージシャンのライブがたった3ドルで楽しめて、閉園後の動物たちにも
会えるという魅力的なイベントです。
7月は、ウィリーK(13日)、ウクレレの神様と呼ばれるハーブ・オータ(20日)などが登場。

<詳細>
■WILDEST SHOW IN TOWN(ワイルデスト・ショー・イン・タウン)
開催日:6~8月の毎週水曜 開場16:35、開演18:00(~19:00)
会場:ホノルル動物園 屋外ステージ
TEL:808-926-3191
料金:動物園基金への寄付として3ドル

◆ボンダンス 6月下旬~8月の毎週末
19世紀後半、さとうきび産業が最盛期を迎えていたハワイに労働者として移民してきた
日本の人々。
遠く離れた故郷に思いをはせて始まった盆踊りが、いつしかハワイの夏の風物詩
「ボンダンス」へ。
現在では、6月末~8月の毎週末に仏教系の寺院で開催されており、焼きそばやシェイブ
アイスなどの屋台も登場します。
昭和のかおりがする、とてもレトロなボンダンス。
開催スケジュールは、地元新聞のウェブサイト(毎年6月上旬)に掲載されるので、
要チェックです!

<7月にホノルルで開催されるボンダンス>
■SHINSHU KYOKAI MISSION(真宗教会) 7月15日(金)・16日(土)19:00~22:30
会場:1631 S. Beretania St.
TEL:808-973-0150

■JIKOEN HONGWANJI MISSION(慈光園本願寺) 7月15日(金)18:00~21:30・
16日(土)17:30~21:30
会場:1731 N. School St.
TEL:808-845-3422

■HIGASHI HONGWANJI BETSUIN(東本願寺別院) 7月22日(金)・23日(土)19:00~
会場:1685 Alaneo St.
TEL:808-531-9088

■PALOLO HONGWANJI(パロロ本願寺) 7月29日(金)・30日(土)18:30~21:30
会場:1641 Palolo Ave.
TEL:808-732-1491

1_20160714085526b3e.jpg
2_20160714085525bd0.jpg
DSC06762.jpg
DSC06764_201607140855240cd.jpg
DSC06765_2016071408552307d.jpg
DSC06766_20160714085523d56.jpg
DSC06767_201607140856031c5.jpg
DSC06768_20160714085602278.jpg
DSC06772_20160714085602632.jpg
DSC06784_2016071408560184e.jpg
DSC06785_2016071408560042f.jpg
DSC06788_2016071408560026b.jpg
DSC06789_2016071408563752f.jpg
DSC06791_20160714085637b66.jpg
DSC06792_20160714085636045.jpg
DSC06793_2016071408563693f.jpg
DSC06794_20160714085635bb5.jpg
DSC06795_20160714085634775.jpg
DSC06796_20160714085654868.jpg

  増田セバスチャン(1970年生れの46歳)は、日本の男性、アートディレクター、
アーティスト。原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサー。千葉県松戸市出身。
「カワイイ」にこだわり続け、1995年から現在まで原宿を中心に活動。日本の原宿
kawaiiカルチャーの第一人者とされている。
6%DOKIDOKIの常連だったきゃりーぱみゅぱみゅのアーティストデビュー時から
ワンマンライブの演出・美術デザインを担当。同じく常連の森三中の大島美幸、
篠原ともえとも交流がある。俳優の阿部サダヲ、グループ魂のベース・小園竜一は
高校時代からの友人。宇宙飛行士・山崎直子は小学校、中学校の同級生。

P8010016_2016071308553903e.jpg
P8010023_2016071308553816b.jpg
P8021220_20160713085538b1d.jpg
P8021226_2016071308553772e.jpg
P8030250_201607130855374b2.jpg
P8030262_2016071308553665b.jpg
P8030266_201607130856100d2.jpg
P8040030_20130719085853_201607130856094ba.jpg
P8040043_20130719085852_20160713085608744.jpg

  今年も長野駅東口ゆめりあ商店街夏まつりに出演します。
2016年8月6日(土)pm8:00~9:15です。
偶然にも同じ日に「嵐アリーナツアー」がエムウェーブであり、どうなるか
心配していましたが、嵐のコンサートが1時間繰り下がり午後5時からとなり
幾分交通渋滞など緩和されるのではないかと思っております。
長野びんずるも予定通り行われます。
今回我々のライブはヨシコ・フラスタジオの皆さんが踊ってくれます。
皆さんのご来場をお待ち致しております。


  岸 惠子(1932年生れの82歳)は、女優・文筆家。岸恵子の表記もある。
横浜市神奈川区生まれ。1945年5月の横浜大空襲で被災。高校在学中に小牧
バレエ団に通う。神奈川県立横浜平沼高等学校卒業。
もともとは作家志望で川端康成を耽読した。高校時代に観た『美女と野獣』に魅せられ、
映画に興味を持ち、田中敦子(小園蓉子)と松竹大船撮影所を見学するうちに、吉村
公三郎にスカウトされ、断ったが後に「本物の女学生が欲しいと頼まれて1本だけの
約束で、1951年に大学入学までという条件で松竹に入社し、映画『我が家は楽し』で
デビューするがヒットしてそのまま女優になった。
1957年フランス人の映画監督イヴ・シャンピと結婚。挙式はフランスで、川端康成が
立会人となった。1963年には1人娘のデルフィーヌ=麻衣子・シャンピ (Delphine Ciampi) を
出産した。しかし1975年、イヴ・シャンピと離婚。娘の親権は岸が持った。
DSC06761.jpg

草創期のテレビ界で放送作家として活躍し、「上を向いて歩こう」をはじめ
多数のヒット曲を作詞するなど多方面で才能を発揮した永六輔(えい・ろくすけ、
本名・永孝雄=えい・たかお)さんが死去したことが11日分かった。83歳だった。
東京・浅草出身。10代の頃のNHKラジオへの投稿がきっかけで放送作家の
道へ進む。ラジオや草創期のテレビ番組に携わり、1961年から66年まで
放送されたNHK「夢であいましょう」などの人気番組の脚本を書くかたわら、
自らも番組に出演し、独特の早口なしゃべりで人気者になった。
作詞家としては、中村八大さんが作曲し、水原弘さんが歌った「黒い花びら」が
59年に第1回日本レコード大賞を受賞。以後も中村さんとのコンビで「上を向いて
歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」などの国民的ヒット曲を送り出した。
DSC06760_20160711131127eb2.jpg
DSC06759_201607111311267f3.jpg

  「恋のバカンス」などのヒット曲で知られる双子の人気ポップスデュオ
「ザ・ピーナッツ」の妹・伊藤ユミ(本名:伊藤月子)さんが5月18日に亡く
なっていたことが11日、わかった。75歳だった。
病気療養中であったと言う。
  ユミさんは姉の伊藤エミさんとのデュオとして1959年に「可愛い花」で
レコードデビュー。かわいらしく高い歌唱力と美しいハーモニーでヒット曲を
連発させ、国民的人気を博して昭和の歌謡史に大きな足跡を残した。
そのほかにも「恋のフーガ」「情熱の花」なども大ヒットし、姉妹で妖精役で
出演した映画『モスラ』の挿入歌だった「モスラの歌」もヒットした。しかし、
1975年に芸能界を引退。姉のエミさんは2012年6月15日に71歳で亡くなった。


  美空 ひばり(1937年5月29日 - 1989年6月24日)は、日本の歌手、女優。
横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園高等部卒業。
12歳でデビューして「天才少女歌手」と謳われて以後、歌謡曲・映画・舞台などで
活躍し自他共に「歌謡界の女王」と認める存在となった。昭和の歌謡界を代表する
歌手・女優の1人であり、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した。
本名は加藤 和枝。愛称は御嬢(おじょう)。


  笹野 高史(1948年生れの68歳)は、兵庫県淡路市多賀出身の俳優。
洲本高校卒業後、日本大学芸術学部へ進学、中退。
コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる。
山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在である。
原則としてくる仕事を拒まないことから「ワンシーン役者」を自称する。
DSC06269_20160709085315370.jpg
DSC06270_2016070908531443f.jpg
DSC06273_20160709085314c2e.jpg
DSC06274_20160709085313fae.jpg
DSC06275_20160709085313e6b.jpg
DSC06276_20160709085312271.jpg
DSC06277_20160709085356181.jpg
DSC06278_20160709085356a0d.jpg
DSC06280_20160709085355523.jpg
DSC06281_201607090853555c2.jpg
DSC06282_20160709085354bdb.jpg
DSC06283.jpg
DSC06284_201607090854343a2.jpg
DSC06285_20160709085434fe7.jpg
DSC06286_20160709085433950.jpg
DSC06287_20160709085433fe2.jpg
DSC06288.jpg
DSC06289_20160709085431486.jpg
DSC06290_201607090855106a7.jpg
DSC06294_20160709085509bf7.jpg
DSC06296_20160709085509ca6.jpg
DSC06299_20160709085508dbd.jpg
DSC06300_201607090855078ab.jpg
DSC06301_2016070908554791a.jpg
DSC06302_201607090855466b5.jpg
DSC06303_20160709085546bff.jpg
DSC06304_20160709085545c3a.jpg
DSC06306_201607090855444f7.jpg
DSC06307_201607090856301d6.jpg
DSC06308.jpg
DSC06309_2016070908562925b.jpg
DSC06311_20160709085628c8b.jpg
DSC06312_20160709085628317.jpg
DSC06313.jpg

  奥原 希望( 1995年生れの21歳)は、日本のバドミントン選手。
2011年12月21日付けでバドミントン日本代表ナショナルチームに選出されている。
2013年4月に日本ユニシスへ入社。BWF世界ランキング最高位は3位(2016年)。
日本人選手で初めてBWFスーパーシリーズファイナルズ女子シングルスで優勝している。
リオオリンピックに出場予定。


  真山 仁(まやま じん、1962年生れの54歳)は、日本の小説家。
経済小説 『ハゲタカ』シリーズの著者として知られる。
大阪府出身。同志社大学法学部政治学科卒業後、1987年に読売新聞
中部支社へ入社。岐阜支局記者として勤務し、1990年に退職してフリー
ライターとなった。
2003年、生命保険会社の破綻危機を描いた 『連鎖破綻 ダブルギアリング』
で作家デビューした。当時のペンネームは、「香住 究」(かずみ きわむ)だった。
翌年、ハゲタカファンドを扱った小説、『ハゲタカ』を、「真山 仁」として出版し、
経済小説の新鋭として注目される。
2012年、『コラプティオ』で第2回山田風太郎賞候補、第146回直木賞候補。
2014年、『グリード』で第35回吉川英治文学新人賞候補。


  石毛 宏典(1956年生れの60歳)は、野球指導者・野球解説者・城西国際
大学客員教授で、元プロ野球選手・監督・実業家・プロ野球独立リーグ運営者。
愛称はミスターレオ、ハチ。
1996年に福岡ダイエーホークスで現役を引退した後に、同球団の二軍監督・
オリックス・ブルーウェーブの監督などを経て、2004年に四国アイランドリーグ
(現:四国アイランドリーグplus)を創設。2009年創設の関西独立リーグでも、
最高顧問を務めた。2014年6月1日付で、千葉商科大学付属高等学校硬式
野球部のテクニカルアドバイザーに就任。
1_2016070608461350b.jpg
DSC05865_2016070608461314c.jpg
DSC05866_20160706084612aec.jpg
DSC05867_20160706084611387.jpg
DSC05869_2016070608461176d.jpg
DSC05870_201607060846102f1.jpg
DSC05873_20160706084653b4a.jpg
DSC05874_20160706084653b2a.jpg
DSC05876_20160706084652c2c.jpg
DSC05877_2016070608465217b.jpg
DSC05878_20160706084651588.jpg
DSC05879_20160706084651c68.jpg
DSC05881_20160706084735051.jpg
DSC05882_20160706084735adb.jpg
DSC05883_20160706084734493.jpg
DSC05884_20160706084734adf.jpg
DSC05885_20160706084733540.jpg
DSC05886_2016070608473279d.jpg
DSC05887_201607060848144bc.jpg
DSC05888_20160706084813fc0.jpg
DSC05889_201607060848135fa.jpg
DSC05890_20160706084812930.jpg
DSC05891_20160706084812259.jpg
DSC05892_201607060848116a7.jpg
DSC05893.jpg
DSC05894_20160706084844518.jpg
DSC05895_20160706084843f26.jpg
DSC05896_201607060848437ed.jpg

  辻 沙絵(21歳)は日本体育大学在学中。北海道出身。
すでに昨年の世界選手権で、代表推薦選手の資格を得ている選手にとっては、
これからの自身の進化を確かめる場でもある。
そして初めてのパラリンピック出場を目指す選手たちにとっては、大舞台へ向けて、
まさに挑戦の場となる。
その一人、辻沙絵は異色の経歴を持つスプリンターだ。
生まれつき、右ひじから下が欠損している辻は、もともとは、ハンドボールの選手だった。
健常者のハンドボールに取り組み、一歩も引かずにプレーしてきた。
そして日本体育大学にスポーツ推薦で進学。大学でもハンドボール部に所属していたが、
学内の発掘プロジェクトでパラ陸上へと転向した。昨年3月のことだ。
一度知ってしまった魅力だから、リオデジャネイロへの意志も強い。伸び盛りなだけに、
今大会で注目の一人だ。
DSC05899_2016070508554887a.jpg
DSC05934.jpg
DSC05942.jpg
DSC05997_20160705085546980.jpg
DSC06032_20160705085545018.jpg
DSC06035_20160705085545660.jpg
DSC06045_20160705085625348.jpg
DSC06047.jpg
DSC06085_201607050856237b9.jpg
DSC06088_20160705085623cdd.jpg
DSC06112_2016070508562286d.jpg

  山陰、山陽の旅行ってきました。鳥取、島根、山口、広島、岡山と5県を
またがる欲張りの旅と言った所でしようか。
鳥取砂丘、出雲大社、厳島神社、錦帯橋、姫路城、倉敷など見所沢山でした。
さ~て、これからバッチリ仕事しなくてはね。