Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

2017サカキライブ

恒例の「音楽日和サカキライブ」が下記要綱により開催されます。
               
                記

と き:2017年4月30日(日)開場pm2:30 開演pm3:00
ところ:坂城町文化センター
出 演:スペシャルゲスト
    テナーサックス・・・ヘンリー緑川
    ジャズヴォーカル・・佐々木マリ
出演バンド・・・マッキンレージャズバンド
    流石康一・・・ギター
    市村安正・・・ピアノ
    西嶋英博・・・ドラムス
    菊原英人・・・ベース
会 費:1,000円 中・高校生500円 小学生無料
会費一部を東日本大震災復興支援に寄付させて頂きます。
小・中・高校生歓迎いたします。
皆様のご来場をお待ち致しております。
スポンサーサイト


  ちあき なおみ(1947年生れの70歳)は、日本の元歌手、女優。1992年に夫の郷鍈治との
死別をきっかけに一切の芸能活動を休止し、引退同様の状態となった。結婚後に所有した
不動産(ビル)のオーナーではあるものの、実業家として表立って活動しているわけではない。
義兄(郷の実兄)に俳優の宍戸錠がいる。
日本コロムビアのオーディションを受け、作曲家鈴木淳の元で1年4ヶ月レッスンを受け、
1969年、21歳の時「雨に濡れた慕情」で歌手デビューした。デビュー当時のキャッチフレーズ
は「苗字がなくて名前がふたつ」「魅惑のハスキーボイン」。
作詞家の吉田旺は、デビュー曲のほかに大ヒットとなった「喝采」「紅とんぼ」「冬隣」など
数々の曲を作り上げてきた。今[いつ?]でもちあきと親交がある数少ない人物である。
1970年に「四つのお願い」や「X+Y=LOVE」がヒットし、人気歌手となる。同年、「四つのお願い」
で『第21回NHK紅白歌合戦』に初出場、以降1977年の第28回まで8回連続出場した。
その後、「紅とんぼ」のヒットで1988年の『第39回NHK紅白歌合戦』に11年ぶりの出場を果たした。
DSC03540_20170329084358876.jpg
DSC03542_201703290843570d1.jpg
DSC03543_20170329084357631.jpg
DSC03545_20170329084355e42.jpg
DSC03547_2017032908435478d.jpg
DSC03548_20170329084354ca7.jpg
DSC03549_2017032908443750d.jpg
DSC03552.jpg
DSC03553_2017032908443543e.jpg
DSC03555_20170329084434025.jpg
DSC03556_20170329084434a86.jpg
DSC03557_20170329084433210.jpg
DSC03558_20170329084514cde.jpg
DSC03559_20170329084513ade.jpg
DSC03560_2017032908451233c.jpg
DSC03561_20170329084512122.jpg
DSC03562_20170329084511e4a.jpg
DSC03563_2017032908451037c.jpg

  大野真司医師は、乳がん治療において数々の実績を持つ全国屈指の名医。
疾病だけでなく、こころ・社会・生活・家族を診る乳がんチーム医療の専門家であり、
スタッフ一丸での「全人的医療」を追求する。手術・放射線療法・抗がん剤・分子標的
治療薬・ホルモン剤などからその患者に最適な治療を行い、乳房温存術・RIセンチネル
リンパ節生検によって患者の負担軽減にも尽力。再発防止や乳房再建にも積極的に
取り組み、患者・家族に安心を届ける最先端医療を提供している。乳がん診療ガイド
ライン作成や若年乳がん患者のサポートにも取り組んでいる。
2015年4月より、がん研究会有明病院 乳腺センター長として移動。
1_20170328084443e30.jpg
2_20170328084443dcb.jpg
DSC03368_201703280844415ea.jpg
DSC03369_2017032808444137f.jpg
DSC03370_20170328084440ab1.jpg
DSC03371_201703280844395fa.jpg
DSC03374_20170328084520d39.jpg
DSC03376_20170328084519647.jpg
DSC03377_20170328084519639.jpg
DSC03380_201703280845181c4.jpg
DSC03382_201703280845173f3.jpg
DSC03383_20170328084516a43.jpg
DSC03385_20170328084557db8.jpg
DSC03386_20170328084556c97.jpg
DSC03388_20170328084556731.jpg
DSC03389_20170328084555c43.jpg
DSC03390_20170328084554af4.jpg
DSC03392_20170328084553d31.jpg
DSC03394_20170328084636adc.jpg
DSC03395_20170328084635f9a.jpg
DSC03396_20170328084634376.jpg
DSC03398_201703280846334a0.jpg
DSC03399_20170328084633677.jpg
DSC03400_201703280846321da.jpg
DSC03401_20170328084658c93.jpg
DSC03402_201703280846578fe.jpg

  大江 光(1995年生れの22歳)は、富山県富山市出身のスノーボード選手。
龍谷富山高等学校出身。
小学校1年の時にスノーボードをはじめ、2010年の全日本選手権で3位、2011年の
全日本選手権で優勝、4月の龍谷富山高校1年の時にイタリアで行われたジュニア
世界選手権で2位になり、2012年1月のオーストリアのユースオリンピックで優勝。
器械体操のトレーニングを積み富山県大会で優勝経験も持つ。
2013年の全日本選手権で2位になりこのシーズンの2014年2月のストーンハムの
スノーボード・ワールドカップで3位になり初のワールドカップ表彰台に上がった。
2015-16年シーズン8月末の開幕戦のCardronaのワールドカップで2位になった。
2016年1月、ワールドスノーボードツアーのエリート大会の一つスイスのラークスで
行われたLAAX OPENに予選が免除される招待選手として出場、準決勝を2位で通過し
決勝では3本目で3位に付けた。2月のX GAMESのオスロ大会に初招待され5位。


  賀来 千香子(1961年生れの56歳)は、日本の女優である。本名、同じ。
東京都出身。甥は俳優の賀来賢人。女子美術大学短期大学部卒業。
短大時代に雑誌『JJ』などにモデルとして出演。さらに、住友銀行、丸善石油のポスターや
ファッション誌の表紙にも登場した。
1982年、TBSドラマ『白き牡丹に』で女優デビュー。『少女に何が起ったか』『男女7人夏物語』
など同局のヒットドラマに出演。気位の高い女性に見られがちだったが、コミカルなCMにも
次々と登場。1992年、『ずっとあなたが好きだった』では、マザコン男である“冬彦さん”
(佐野史郎)を夫に持つ女性を演じ、賀来の代表作になった。翌年には、その続編とも言え
るドラマ『誰にも言えない』に主演し、こちらも高視聴率を獲得した。
1994年には俳優の宅麻伸と結婚。2010年には「第3回プラチナ夫婦アワード」に選出される
などおしどり夫婦として知られたが、2012年に離婚。
0446_20170326084757cb4.jpg
 
  てるみくらぶの国際航空運送協会(IATA)のBSP精算が滞っている模様だ。関係各所への
取材によると3月23日分がデフォルト(債務不履行)となっている状況。
同社は、ツアーを購入した顧客に対して、代表取締役の山田千賀子氏の名前で「航空券の
発券システムが利用できない等の事態が発生しております」などと説明するメールを送信。
その中では、発券済みの航空券について「ご利用頂けるかどうか現時点で確認できており
ません」としたほか、滞在先のホテルについても「トラブルが生じないことを確認できており
ません」と説明。
この会社は人気テレビ番組「ハワイに恋して」を主宰しており、今後の動向が注目される。
DSC02973_2017032508370692e.jpg
DSC02975_20170325083705a11.jpg
DSC02976_20170325083704a1c.jpg
DSC02977_20170325083703484.jpg
DSC02978_20170325083702150.jpg
DSC02980_20170325083701035.jpg
DSC02981_20170325083743633.jpg
DSC02982_2017032508374345d.jpg
DSC02983_20170325083742f0a.jpg
DSC02985_20170325083741a7a.jpg
DSC02986_20170325083740ad7.jpg
DSC02987_20170325083739a84.jpg
DSC02989_201703250838205a3.jpg
DSC02990_20170325083819c01.jpg
DSC02991_201703250838189af.jpg
DSC02994_20170325083817fe0.jpg
DSC02995_20170325083816b31.jpg
DSC02996_201703250838161bd.jpg
DSC02997_20170325083858431.jpg
DSC02998_20170325083857cef.jpg
DSC02999.jpg
DSC03000_20170325083855b59.jpg
DSC03001_20170325083854bf6.jpg
DSC03002_20170325083854a4a.jpg
DSC03003_2017032508392042a.jpg
DSC03005_20170325083920c23.jpg

杉本 龍勇( 1970年生れの47歳)は、日本の陸上競技選手、サッカー指導者
(フィジカルコーチ)。静岡県沼津市出身。中京大学大学院博士課程修了。
現在は法政大学経済学部教授を務める。
1992年:インカレ100m・200m優勝。日本選手権100m3位。バルセロナオリンピック
100m、4×100mリレーに出場。
バルセロナオリンピック4×100mリレーではアンカーを務め、戦後初の決勝進出を
果たし6位入賞、アジア新記録(38秒77)を樹立。(1走青戸慎司、2走鈴木久嗣、3走井上悟)
500_11076558_2017032410031318c.jpg
DSC02780_2017032410031218c.jpg
DSC02782_20170324100311f96.jpg
DSC02783_201703241003107ea.jpg
DSC02787_2017032410030926c.jpg
DSC02798.jpg
DSC02801.jpg
DSC02813_20170324100350dc3.jpg
DSC02826_2017032410034976b.jpg
DSC02853_2017032410034864c.jpg
DSC02862_201703241003479a8.jpg
DSC02866_20170324100346b12.jpg
DSC02872_20170324100406384.jpg

 今話題の千葉県にある「濃溝の滝」に一泊で行ってきました。
ある女性がSNSに投稿したのがきっかけで、その後テレビでも
取り上げられ一躍脚光を浴びました。連日観光客でにぎわっているようです。
この他、日本寺、鯛博物館など見所満載でした。
P1020006_201703230903357e1.jpg
P1020007_20170323090334320.jpg
P1020009_20170323090333cfd.jpg
P1020012_20170323090332877.jpg
P1020016_20170323090332b74.jpg
P1020022_20170323090330e78.jpg
P1020028_20170323090416151.jpg
P1020039_20170323090415fbb.jpg
P1020044_201703230904151db.jpg
P1020045_20170323090414894.jpg
P1020051.jpg
P1020058_20170323090412071.jpg
P1020059_201703230905316af.jpg
P1020061_20170323090530d6b.jpg
P1020073.jpg
P1020084.jpg

  今年初めてのライブは「デイサービス柔柔(やわやわ)」でした。
ここはこれで3回目ですが、聞いてくれる人は毎回違うのでこちらとしては
新鮮な感覚で演奏できました。いろいろ反省すべき点もみつかり、今後に
生かせればと思っております。
関係者の皆様お世話になりました。
500_11076558.jpg

  千葉県にある「濃溝の滝」に一泊で行ってきます。
思う存分大自然を満喫できる知る人ぞ知る、秘境だと言う。
行った人はみんな口をそろえて「関東にこんなに素敵な場所があるとは!」と
感動の声をあげているようです。感動すること間違いなしなので、今から期待しております。
17361731_10155153037369539_5825666658507040834_n.jpg

  ロックンロールの創始者の一人として知られる伝説的ギタリストで歌手のチャック・ベリーさんが
18日、米ミズーリ州の自宅で死去した。90歳だった。死因は不明。地元警察が明らかにした。
「ジョニー・B・グッド」「スイート・リトル・シックスティーン」「ロール・オーバー・ベートーベン」など
数多くのヒット曲で知られる。
 1926年、同州セントルイス出身。人種で分離された地区で、ゴスペルやブルース、リズム・アンド
・ブルース、カントリーなどを聞いて育った。黒人差別の激しかった55年に「メイベリーン」で全米
デビューし、人気歌手に。ビートルズやローリング・ストーンズなど、多くのミュージシャンに影響を
与えた。81年に初の来日公演を果たした。86年にロックの殿堂入り。今年、38年ぶりのアルバム
を発表する予定だった。


  研 ナオコ(本名:野口 なを子(旧姓:浅田)、1953年生れの64歳)は、日本の歌手、タレント、
女優、コメディエンヌである。一男一女の母。娘は歌手・タレントで、Bro.KONEの長女・
近藤麗奈と田代まさしの長女・田代小夏と組んでいた小夏・ひとみ・レイナのひとみ。
静岡県伊豆市出身。静岡県立三島南高等学校中退。1970年代中盤から1980年代中盤にかけて、
歌手として数々のヒット曲を世に送り出した。研の代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』
『夏をあきらめて』などが挙げられる。


イベントー1
イベントー2
イベントー3
P7191110_20141002091854084_20170317083917ebb.jpg
P7191110_20141002091854084_2017031708391635f.jpg
PA111517_20170317083915500.jpg
PA111521_20170317084001d08.jpg
PA111526_20170317084001cde.jpg
PA111530_20170317084000103.jpg
PA111542_20170317083959225.jpg
PA130498_20131014083018821_201703170839584e5.jpg
PA130501_20131014083016684_20170317083958fff.jpg
PA130511_20131014083107703_2017031708402332a.jpg
PA130516_201310140832017ce_2017031708402328f.jpg

  長野市が主催する「表参道芸術音楽祭」が今年もトイーゴで開催されます。
GW中6日間にわたり歌や踊りが多数出演します。
我々ロイヤルハワイアンズは5月3日(水)pm2:30~3:00まで。
ハワイアンバンド&フラでしばしハワイアンの世界でお楽しみください。
皆様のご来場をお待ち致しております。
1_20170316085458b67.jpg
2_20170316085458a32.jpg
DSC02174_201703160854578c3.jpg
DSC02179_20170316085456801.jpg
DSC02182_20170316085455d13.jpg
DSC02184_201703160854543b6.jpg
DSC02185_20170316085524279.jpg
DSC02186_201703160855249e0.jpg
DSC02187.jpg

1993年、JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビュー。
2001年、JUDY AND MARYを解散後、
2002年2月にシングル「the end of shite」でソロ活動を開始。
先鋭的なサウンドや前衛的なビジュアルで独自の世界観を確立し、
2011年までに、音楽チャートで1位を獲得したアルバム4枚を含む、
6枚のオリジナルアルバムをリリース。
2012年5月、ソロ活動10周年を記念して開催した東京ドーム公演では、
バンドとソロの両方で東京ドーム公演を行った女性ヴォーカリストとして
“史上初”という記録を作り、約5万人を動員。
その後も日本武道館2daysを含む全国ツアー「YUKI TOUR“BEATS OF TEN”」
(22公演)を行い、同年12月31日、第63回NHK紅白歌合戦にもソロとして初出場。

独特の歌声、表現、存在感は、あらゆる方面から多くの注目を集め、
今後も音楽活動とそれに伴うライブ、アートワークの全てから目が離せない。



フランク 永井(1932年 - 2008年)は日本のムード歌謡歌手である。本名は、永井 清人。
独特の低音が特徴であった。
幼少時から歌手に強い憧れがあり、昭和26年進駐軍のキャンプ地でのトレーラー運転手、
アルバイト生活を経て、アメリカ軍のクラブ歌手として月100ドルで契約する。さまざまな
「のど自慢大会」に出場し、「のど自慢荒らし」の異名をとったが、1955年に日本テレビの
『素人のど自慢』の年間ベストワンに選ばれたのを機に、ビクターと契約。同年9月に
『恋人よ我に帰れ』でデビューした。
作曲家・吉田正との出会いを期に歌謡曲に転向した。1957年の有楽町そごうキャンペー
ンソングであった『有楽町で逢いましょう』が空前のヒットとなり、さらに既に発表していた
『東京午前三時』『夜霧の第二国道』も相乗ヒットとなり、一躍トップスターとなる。
自ら見出した松尾和子と共に歌った1959年の『東京ナイト・クラブ』は、デュエットソングの
定番として2000年代においても歌い継がれている。
DSC01797_201703141353384e3.jpg
DSC01798_201703141353376d1.jpg
DSC01799_201703141353369f9.jpg
DSC01801_2017031413533671c.jpg
DSC01802_20170314135335f0f.jpg
DSC01804_20170314135334653.jpg
DSC01805_20170314135414a31.jpg
DSC01806_201703141354136b8.jpg
DSC01807_20170314135412cbd.jpg
DSC01808_20170314135412596.jpg
DSC01809_20170314135411a7c.jpg
DSC01811_2017031413541043c.jpg
DSC01812_201703141354545db.jpg
DSC01813_20170314135453ecb.jpg
DSC01814_20170314135452e4c.jpg
DSC01815_20170314135451222.jpg
DSC01817_20170314135450e6a.jpg
DSC01819_201703141355302d3.jpg
DSC01820_20170314135529b1e.jpg
DSC01822_201703141355290d1.jpg
DSC01824_20170314135528c2d.jpg
DSC01825_2017031413552794b.jpg
DSC01828_20170314135608e27.jpg
DSC01829_201703141356074ea.jpg
DSC01830_2017031413560697c.jpg
DSC01831_20170314135605d4b.jpg
DSC01832_20170314135603134.jpg
DSC01834_20170314135603bc6.jpg
DSC01835_201703141356328be.jpg
DSC01836_20170314135632c52.jpg
DSC01837_201703141356319ac.jpg

  松尾 和子(1935年 - 1992年)は、日本の歌手。
戦後、ジャズに惹かれたことと自身及び家族の生活のために歌手となり、レイモンド・コンデの
バンド、ゲイ・セプテットの専属歌手のひとりとなる。進駐軍のキャンプやナイトクラブ等で歌う
うち、徐々に人気が上がっていき、やがて、赤坂のクラブ・リキ(力道山が経営していた)の
専属歌手となり歌っていたときに、フランク永井に認められスカウト。吉田正に紹介されて、
ビクターに入社。
1959年には「グッド・ナイト/東京ナイト・クラブ」でレコードデビュー。「グッド~」は和田弘と
マヒナスターズ、「東京~」はフランク永井との共唱。当時はベテラン/人気歌手でも片面は
他の歌手である場合が多く、ビクター及び吉田正の期待の程が窺える。第2弾として発売した
「誰よりも君を愛す」が大ヒットし、それと共に「グッド~」もつられる形でヒット、「誰よりも~」は
第2回レコード大賞を受賞、「東京ナイト~」はその後長らくデュエットソングの定番として根強い
人気を博し、松尾の名は一躍スターダムへとのし上がり、後にムード歌謡の女王と称される
ようになった。
DSC01841_2017031308530178b.jpg
DSC01842_201703130853007de.jpg
DSC01843_20170313085300b9a.jpg
DSC01844_20170313085259805.jpg
DSC01845_20170313085258b24.jpg
DSC01847_20170313085257f9d.jpg
DSC01848_20170313085339d53.jpg
DSC01849.jpg
DSC01850_201703130853387cf.jpg
DSC01851_201703130853378a7.jpg
DSC01853_2017031308533638f.jpg
DSC01854_20170313085336d76.jpg
DSC01855_20170313085444e7f.jpg
DSC01856_2017031308544374b.jpg
DSC01857_20170313085442016.jpg
DSC01858_20170313085441f4c.jpg
DSC01859_201703130854418fe.jpg
DSC01860_20170313085440000.jpg
DSC01861_20170313085518d15.jpg
DSC01863_2017031308551771e.jpg
DSC01864_20170313085516653.jpg
DSC01865_20170313085516627.jpg
DSC01866_201703130855158a1.jpg

  X JAPANは、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1989年にXとしてメジャーデビューし、
1992年にX JAPANに改名。1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日にラストステ
ージで活動を一旦終了。2007年10月22日に再結成。通称、X。
1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに
影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドにビジュアル、音楽の両面で大きな影響を
与えた。
X結成当時、長い名前のバンド名が流行っていたため、あえて一文字にすることで、他の
バンドと名前が並んだ際に目立つという理由から「X」と名付けた。その後、YOSHIKIがXと
いう文字の意味を調べたところ、Xには「無限の可能性」という意味があることが分かり、
後付けで「無限の可能性」、またジャンルにとらわれないという意味であるとした。その後、
世界進出にあたりアメリカに同名のバンドが存在することが分かり、1992年8月のHEATH
加入発表と共にX JAPANに改名した。


セロ(Cyril、1973年生れの44歳)は、アメリカ合衆国のロサンゼルス生まれのプロマジシャン。
クロースアップ・マジックからステージマジックまで幅広いジャンルをこなす。2007年、マジシャン・
オブ・ザ・イヤーを受賞した。
海外ではセロ・タカヤマ(Cyril Takayama)名義で活動している。
父親が日本人で母親がモロッコ系フランス人のハーフ。父親の出身地である沖縄県で、2歳から
4歳まで祖母に育てられた。ロサンゼルスに戻った後も小学生時代は夏休みを祖母宅で過ごし、
小学6年の時には日本の小学校に、わずか19日間だが通学していた。日本に滞在していた時期
が長いことから日本語は堪能である。
現在では、パートナーのジェーンとともにセロ&ジェーンとしても活動。アメリカ、アジア、ヨーロッパ
を中心に興行している。メディア媒体での活躍としては、アメリカで『X-FILES』シリーズのマジック
監修・主演、日本では特集番組が何度か組まれている。
1_20170311090326b91.jpg
2_20170311090325e0a.jpg
DSC01718_20170311090324a49.jpg
DSC01721_201703110903237f4.jpg
DSC01722_2017031109032292a.jpg
DSC01724_20170311090321098.jpg
DSC01725_20170311090406519.jpg
DSC01728_201703110904065ef.jpg
DSC01729_20170311090405a2c.jpg
DSC01730_201703110904047e8.jpg
DSC01731_2017031109040332c.jpg
DSC01734_20170311090402a0e.jpg
DSC01736_2017031109044977d.jpg
DSC01738_201703110904488f7.jpg
DSC01740_20170311090447e55.jpg
DSC01741_20170311090446a57.jpg
DSC01742_20170311090446f67.jpg
DSC01743_20170311090445251.jpg
DSC01744_20170311090530ca6.jpg
DSC01745_20170311090529448.jpg
DSC01746_20170311090529e3c.jpg
DSC01747_201703110905289f9.jpg
DSC01748_20170311090527f39.jpg
DSC01749_20170311090526f19.jpg
DSC01752_201703110906095a0.jpg
DSC01753_201703110906087e3.jpg
DSC01754_20170311090607fbe.jpg
DSC01756_20170311090606bb7.jpg
DSC01759_20170311090605800.jpg
DSC01760_20170311090604abc.jpg
DSC01763_2017031109064387f.jpg
DSC01764_201703110906421bc.jpg
DSC01765_2017031109064195e.jpg
DSC01766_20170311090640bba.jpg
DSC01767_201703110906401b2.jpg

  長嶺 ヤス子(1936年生れの81歳)は、日本の舞踏家、ダンサー。福島県出身。
1955年スペイン舞踊を習い始める。1960年青山学院大学を中退し、スペインに渡る。
マドリッドでダンスを学び、当初は、日本人学生として好意的に受け止められていたが、
たまたま、アドバイスがあって裸足でフラメンコを踊る。この裸足での舞踏がフラメンコの
原型の再現ということで現地で絶賛される。
帰国後、フラメンコ以上に長嶺が取り付かれたのが、長唄、三味線などの古来からの日本の
音楽である。特に「娘道成寺」を聞いて心を深く揺さぶられ、間を得るため1000回レコードを
聴いたといわれる。
1980年、「道成寺」を上演。古典と現代舞踊の融合・復活を絶賛され、同年文化庁芸術祭
大賞を受賞。1982年、「道成寺」ニューヨーク公演。連日、大入りでアメリカでもダンサーと
して高い評価を得た。2001年紫綬褒章受章。
1_201703100900501fa.jpg
2_201703100900509c0.jpg
3_2017031009004983f.jpg
4_20170310090048bca.jpg
5_201703100900470bc.jpg
DSC00321_201703100900463e4.jpg
DSC00327_2017031009012927e.jpg
DSC00328_20170310090128d43.jpg
DSC00329_20170310090128bb8.jpg
DSC00342_201703100901270bc.jpg
DSC00344_20170310090126502.jpg
DSC00363.jpg
DSC00367_20170310090207cf6.jpg
DSC00370.jpg
DSC00378_201703100902052fd.jpg
DSC00389_20170310090205947.jpg
DSC00404_201703100902044fc.jpg
DSC00405.jpg
DSC00448_201703100902449d0.jpg
DSC00458_20170310090243a93.jpg
DSC00504_2017031009024309c.jpg
DSC00505_201703100902425a7.jpg
DSC00506_20170310090241512.jpg
DSC00512_20170310090240868.jpg
DSC00524_20170310090304bdb.jpg

  石本 美由起(1924年 - 2009年)は、広島県出身の作詞家。昭和の歌謡界を代表する
作詞家の一人である。本名は美幸。
幼少から喘息を患い、家に閉じこもるような生活を送る。そばにある文学は全て読んだが、
なかでも北原白秋やゲーテを読みふけった。1944年、海軍大竹海兵団に入隊するが、
すぐ体調を崩して岩国海軍病院に入院。慰問に来た東海林太郎の歌声に戦争に傷ついた
兵士たちが瞳を輝かせるのを見て歌の魅力を知った。戦後、作詞を始め、高橋掬太郎が
主宰する歌謡同人誌『歌謡文芸』に投稿を始める。夢中になった白秋の詩『思い出』の中の
一篇「ザボンのかげ」からインスピィレーションを得て「長崎のザボン売り」という詩を書き、
同人誌に投稿すると、作曲家江口夜詩の目にとまり、1948年に小畑実の歌でレコード発売
され大ヒットした。1950年暮れ、東京に住まいを移し、キングレコードの専属となって作詞家
としてのスタートを切る。
晩年は糖尿病に悩まされた。2009年病気のため横浜市内の病院にて逝去。85歳没。
3_201703090858477d9.jpg
4_20170309085846a72.jpg
DSC01184_20170309085846d85.jpg
DSC01206_20170309085845914.jpg
DSC01217_20170309085844025.jpg
DSC01219_20170309085925d7f.jpg
DSC01221_201703090859257ac.jpg
DSC01223_20170309085924f10.jpg
DSC01225_20170309085923c43.jpg
DSC01237_20170309085922f8a.jpg
DSC01260_20170309085921fc2.jpg
DSC01287_20170309085942218.jpg

  渡辺 いっけい(1962年生れの55歳)は、日本の俳優である。本名:渡辺 一惠。
愛知県豊川市出身。
大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。妻は女優・声優の門間葉月。
1983年、当時大阪芸術大学の学生劇団だった劇団☆新感線に参加。
1985年、大学卒業後に上京し、状況劇場に入団(1988年に退団)。
1992年、『ひらり』で演じた医師・安藤竜太役で人気を博して以後、数々の作品に出演。
各局連続ドラマの常連バイプレーヤーとなる。
学生時代、漫画家志望だった時期があり、雑誌『ビックリハウス』の常連投稿者でもあった。
芸名の「渡辺 いっけい」はその頃のペンネームに由来する。
モーニング娘。やハロプロのファンでDVDを持っており、カラオケではその曲をよく歌うという。
特にモーニング娘。の「シャボン玉」や「そうだ! We're ALIVE」を好む。
『水曜どうでしょう』の大ファンであり、DVD第24弾発売を記念した特別番組『DVD第24弾発売
記念スペシャルトーク 水曜どうでしょうを語ろう』にて藤村・嬉野両ディレクター、鈴井貴之との
共演が実現した。趣味は絵画、特技は剣道。
DSC01768_201703080849077c2.jpg
DSC01769_201703080849069a3.jpg
DSC01770_20170308084906d6b.jpg
DSC01772_201703080849053bf.jpg
DSC01773_20170308084904aec.jpg
DSC01774_20170308084903dc9.jpg
DSC01776_20170308084944b23.jpg
DSC01777_20170308084943b35.jpg
DSC01778_20170308084942cdd.jpg
DSC01779_20170308084942903.jpg
DSC01780_20170308084941d31.jpg
DSC01781_20170308084940745.jpg
DSC01782_20170308085023060.jpg
DSC01783_20170308085022538.jpg
DSC01784_20170308085021a4d.jpg
DSC01785_201703080850201e9.jpg
DSC01786_201703080850199bd.jpg
DSC01787_2017030808501984f.jpg
DSC01788_201703080851009a8.jpg
DSC01789_20170308085059bdd.jpg
DSC01790_20170308085058150.jpg
DSC01791_201703080850589bf.jpg
DSC01792_2017030808505725a.jpg
DSC01793_20170308085056ef6.jpg
DSC01794_2017030808512479f.jpg
DSC01795_20170308085123a7f.jpg
DSC01796_201703080851223ad.jpg

  桐谷 健太(1980年生れの27歳)は、日本の俳優、歌手。大阪府大阪市出身。
大学進学を機に上京し、俳優養成所『アクターズクリニック』で演技を学ぶ。
2002年、テレビドラマ『九龍で会いましょう』の山崎ケン役で俳優デビュー。
2007年、『GROW 愚郎』の村上敦役で映画初主演。
2008年、テレビドラマ『ROOKIES』の平塚平役で知名度を高める。
2009年、初舞台『恋と革命』の村雲武彦役で舞台初主演。
2011年、第35回『エランドール賞』新人賞を受賞。
2013年、『父の花、咲く春〜岐阜・長良川幇間物語〜』の辻次郎役でテレビドラマ初主演。
同年10月、テレビドラマ『Y・O・U やまびこ音楽同好会』の主題歌『喜びの歌』でCDデビュー。
2016年、『2015年度CMタレント好感度ランキング』の男性部門で第1位を獲得。同年9月、
本人名義の初CD作品となるアルバム『香音-KANON-』をリリース。同年12月、au三太郎
シリーズのCMソング『海の声』で『第49回日本有線大賞』特別賞、『第58回日本レコード大賞』
優秀作品賞を受賞。第67回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。
2_201703070858366e4.jpg
2-1_20170307085835506.jpg
DSC01668_2017030708583564d.jpg
DSC01669_20170307085834077.jpg
DSC01672_20170307085833a62.jpg
DSC01678_20170307085918662.jpg
DSC01679_2017030708591791c.jpg
DSC01681_20170307085916d27.jpg
DSC01682_20170307085915e93.jpg
DSC01683_20170307085914caf.jpg
DSC01684.jpg
DSC01685.jpg
DSC01687_201703070859552f6.jpg
DSC01688_20170307085954143.jpg
DSC01689.jpg
DSC01691_20170307085952d32.jpg
DSC01692_20170307085951951.jpg
DSC01693.jpg
DSC01694_20170307090033300.jpg
DSC01697_20170307090032c21.jpg
DSC01699_20170307090031f26.jpg
DSC01700_20170307090030723.jpg
DSC01704_20170307090030a3b.jpg
DSC01705_20170307090111b96.jpg
DSC01708_201703070901114c7.jpg
DSC01709_20170307090110944.jpg
DSC01710_20170307090109f7d.jpg
DSC01714_201703070901081aa.jpg
DSC01715_201703070901074e6.jpg
DSC01716_201703070901343d7.jpg
DSC01717_20170307090133600.jpg

  カルメン・マキ(旧本名:Maki Annette Lovelace、1951年生れの65歳)は、歌手、
ロックミュージシャンである。日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE
LOVELACEであったが、現在の本名は非公表。
アイルランド人とユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と日本人の母との間に鎌倉市で
生まれる。
1969年に「時には母のない子のように」(作詞:寺山修司、作曲:田中未知)でデビュー。
17歳とは思えないその妖艶な雰囲気と歌唱力、そして哀愁のある歌いっぷりが話題を呼んだ。
彼女のキャリアを語る上で欠かせないのはロックへの転向である。
1970年に突然のロック転向を表明する。当時の実力派バンドであった、ギタリスト竹田和夫
率いるブルース・クリエイションに落ち着き、1971年にコラボレーション・アルバムである
『カルメン・マキ&ブルース・クリエイション』を発表。それまで黒人霊歌をもとにしたフォーク
などを歌うシンガーから、女性ロッカーへとイメージ・チェンジをした。


「カーマは気まぐれ」(Karma Chameleon)は、イギリスのバンド、カルチャー・クラブの曲である。
1983年のアルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』からのシングルカットである。ビルボードホット
100で1984年に3週連続1位に輝き、バンド最大のヒットと同時に唯一のアメリカでの1位曲と
なった。また、世界中の16ヵ国で1位を獲得した。彼らの母国では2曲目の全英シングルチャート
のトップ獲得である。2006年にQ誌のクラシック・ソング・アワードを獲得した。
この曲は1870年のミシシッピ州を舞台にしている。
川辺のカラフルな衣装を着た人々の中に赤・金・緑の衣装をまとったダンサー達。ボーイ・ジョージ
はさらにカラフルで派手な衣装を着て歌っている。人々の間をスリがうろつき、仕事をする。
到着した船「カメレオン号」に人々は乗船する。船内ではトランプが始まるが、窓の外でボーイ・
ジョージはまだ歌っている。スリは捕まり、舷側の板から落とされる。


尾崎 紀世彦(1943年 - 2012年)は、日本のポピュラー歌手。愛称は「キーヨ」。
立派なもみ上げがトレードマークで、そのダイナミックな歌唱力から「和製トム・ジョーンズ」と
称された。
東京都渋谷区に生まれる。父:尾崎繁と兄:彰彦はクラシック・バレエのダンサー・演出家、
母:礼子はショーダンサー・日劇ダンシングチームの一期生である。男三人兄弟の次男で、父方の
祖父はイギリス人。
幼少の頃からラジオのFENでジャズやカントリー等に親しんでいた。
ヒロ・ハワイアンズ 1956年頃 - 1964年頃
13歳の時に父にウクレレを買って貰い、中学の同級生6人でハワイアンバンドを結成する。
教則本が先生だった。初めて覚えた曲は、おそらく「星は何でも知っている」。箱根ホテル
小涌園のバンド募集のオーディションに合格し、17歳でセミプロデビューする。ここで司会を担当
したのが大学生の露木茂(元フジテレビ)。
ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ 1965年 - 1966年
ザ・ワンダース 1967年1月10日 - 1969年
DSC01369_201703040855194d5.jpg
DSC01371.jpg
DSC01372.jpg
DSC01373.jpg
DSC01376_20170304085515e84.jpg
DSC01378_20170304085514252.jpg
DSC01379_20170304085556eaf.jpg
DSC01380_2017030408555636c.jpg
DSC01381_201703040855551c0.jpg
DSC01382_2017030408555459c.jpg
DSC01384_20170304085553edb.jpg
DSC01386_20170304085552a92.jpg
DSC01388_20170304085633f6d.jpg
DSC01391_20170304085632a35.jpg
DSC01392_20170304085631710.jpg
DSC01394_2017030408563036d.jpg
DSC01395_20170304085629bef.jpg
DSC01396_2017030408562964d.jpg
DSC01397_2017030408571511b.jpg
DSC01398_20170304085715cf2.jpg
DSC01399_2017030408571477a.jpg
DSC01400_20170304085713a37.jpg
DSC01404_20170304085712295.jpg
DSC01406_20170304085752778.jpg
DSC01407_201703040857524d5.jpg
DSC01408.jpg
DSC01411_20170304085750a12.jpg
DSC01412_201703040857495ac.jpg
DSC01415_20170304085748f3a.jpg
DSC01416_201703040858084e5.jpg

  筒香 嘉智(1991年生れの26歳)は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。
横浜DeNAベイスターズ所属。
横浜高等学校へ進学。横浜高校でも長打力を買われ1年春から4番に抜擢ばってきされる。
2年夏に第90回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦の浦和学院高等学校戦では
先制本塁打。準々決勝の聖光学院高等学校戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、
1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。準決勝で大阪桐蔭高等学校に敗れた。
2009年に行われたプロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズから1巡目指名を受け、契約金
9000万円、年俸800万円で契約した。背番号は「55」。当初は右投両打で登録されていたが、
後に左打ちに変更された。
「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された。
また、年俸3億円で契約更改した。なお、この年は、シーズン中にアレックス・ラミレス監督から、
「間違いなく、日本一の4番。監督1年目に彼を4番で起用できることに喜びを感じている。
あと15年、プレーしてもらうために、近い将来、一塁手へのコンバートを考えている」という
趣旨の発言がなされている。


  佐藤 琢磨(1977年生れの40再) は、日本のレーシングドライバー。東京都新宿区出身。
「琢磨」と下の名前で呼ばれる事が多い。英語圏での愛称は“Taku”。早稲田大学人間科
学部中退。
2002年から2008年までF1に参戦し、2010年からはインディカー・シリーズに参戦中。
また2012年より中日本自動車短期大学客員教授を務める。
早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に入学。10歳の時に鈴鹿サーキットで初めてF1を
観戦したことからモータースポーツに対して強い憧れを抱きつつも、19歳までは自転車競技に
身を投じていた。部の無かった高校に部を立ち上げ、顧問一人部員一人で競技開始。
94年、インターハイ優勝。95年、インターカレッジ、2位。同年の国体、6位。96年、全日本学生
選手権優勝などの記録を残している。
1996年、モータースポーツの世界に飛び込むことを決心。大学を休学して、まずはカートを始め、
モータースポーツ歴わずか半年で、選抜方法を変えさせてまでして競争率10倍の難関を突破
してSRS-Fへ入学した。他の上位の受講生達と同じく時には講師陣を上回る速さを見せた。
1997年首席で卒業。
DSC01368_20170302084453bbc.jpg

 グループサウンズ「ザ・スパイダース」のメンバーとして活躍し、音楽界のレジェンドとして
人気だった歌手ムッシュかまやつ(本名・釜萢弘=かまやつ・ひろし)さんが1日午後6時5分、
都内の病院で死去していたことが2日、分かった。78歳。東京都出身。
昨年5月に病院で検査をしたところ、肝臓がんが見つかった。その後、通院治療をしていたが、
8月23日に脱水症状を起こして病院に緊急搬送された。
10月に退院し、12月には堺正章の70歳記念ライブに激励に駆けつけるなど、闘病しながらも
周囲には元気な姿を見せていた。
1939年(昭14)に、日本ジャズ界の草分け、ティーブ釜萢の長男として誕生。青山学院在学中
からカントリー&ウエスタンの学生バンドを結成し、米軍キャンプを中心に活動をした。
60年代にはザ・スパイダースのメンバーとして活躍。かまやつさんが作曲した「あの時君は若かった」
などが大ヒット。グループサウンズブームをけん引した。


  荻田 泰永(1977年生れの40再)は、日本の冒険家。北極圏における単独徒歩行などに
取り組んでいる。
1977年神奈川工科大学へ進学するも3年で中退。
1999年テレビで偶然、極地冒険家の大場満郎の存在を知り、テレビの中で大場が語った北極
冒険に魅せられた。
2000年 大場の企画した「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」に参加し、カナダ北極圏のレゾ
リュート村から北磁極までの700km徒歩冒険行を行なう。初めての海外旅行で初めて北極を訪れ、
それ以前にはアウトドア経験もなかった。
2001年から 一人での冒険行をスタートさせ、以来毎年のように北極圏各地を訪れる。
2012年 日本人初(世界3人目)となる「北極点無補給単独徒歩」に挑戦するも、海氷状況と天候
悪化により17日目で断念。
2013年11月 著書『北極男』を刊行。