fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

p-10.jpg
k-300.jpg
k-222.jpg
k-55.jpg
k-5.jpg
k-4_20210627084826395.jpg
k-2_20210627084825b4c.jpg
k-3_202106270848259da.jpg
k-1_2021062708482495a.jpg
IMG_5483.jpg

  カメハメハ1世(Kamehameha I、1758年 - 1819年)・・・
ハワイ諸島を初めて統一して1810年にハワイ王国を建国し、初代国王となった人物である。
カメハメハ大王の名でも親しまれる。「カ・メハメハ」はハワイ語で「孤独な人」、「静かな人」の意。
ハワイ島の北西部で幼児期を過ごしていて、カパアウの町中に彼の像が建てられ、隣町のハヴィ
郊外のモオキニ・ヘイアウに彼の誕生地が祭られている。ハワイ島の首長であったカラニオプウの
甥にあたるといわれる。
青年期にはヒロで「ナハの石」を動かしたので、将来ハワイ全体の王様になるなどの伝説がいろ
いろと伝えられている。
叔父の死後、その長男のキワラオを倒して島内を掌握すると、イギリスから武器や軍事顧問などの
援助を受け、マウイ島やオアフ島など周辺の島々を征服していった。
カイルア・コナは、19世紀にハワイ王国の王族たちの静養地として発展した。
キング・カメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテルの海側にあるヘイアウ(アフエナ・ヘイアウ)は、王族専用の
ヘイアウとして利用されており、カメハメハ1世は余生を過ごしたカイルア湾北のカマカホヌの屋敷から
このアフエナ・ヘイアウまで幾度となく参拝した。しかしカメハメハの遺骨は当時の家臣達が盗掘を
恐れてどこかへ隠した為、未だに発見されていない。

スポンサーサイト