fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。



「椰子の実」(やしのみ)は島崎藤村が執筆した詩である。

 1898年(明治31年)夏、東京帝国大学2年だった柳田國男が愛知県の伊良湖岬の
突端で1か月滞在した時、「風の強かった翌朝は黒潮に乗って幾年月の旅の果て、
椰子の実が一つ、岬の流れから日本民族の故郷は南洋諸島だと確信した」といった話を
親友だった藤村にし、藤村はその話にヒントを得て「椰子の実の漂泊の旅に自分が故郷を
離れてさまよう憂い」を重ね、この詩を書いた。
1936年日本放送協会大阪中央放送局で放送中だった『国民歌謡』の担当者が作曲家の
大中寅二を訪問しこの詩に曲を付すよう依頼して出来上がった。
東海林太郎の唄でポリドールレコードから発売された。
現在でも広く愛唱されている、エキゾチックな叙情歌である。
スポンサーサイト



テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://01670167.blog74.fc2.com/tb.php/1385-665ca97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック