さだまさし自慢の息子・・・佐田大陸

さだ-1
さだ-2
さだ-3
さだ-4
さだ-5

 「さだましさ」と言えばシンガーソングライターの草分けと言っていいだろう。
その息子がヴァイオリニストとして今注目を集めている。
親の七光りをきらい自分の世界を追求する姿勢は立派である。
幼少の頃ぜんそく気味で長野県の諏訪地方で過ごした。
地元出身の画家原田泰冶さんは自分には娘しかおらず息子のようにかわいがって
いると言う。
佐田 大陸(さだ たいりく、1984年生まれの26歳)は、日本のヴァイオリニスト。
父は歌手のさだまさしで、長男。叔父はさだ企画社長で元サッカー選手の佐田繁理、
叔母は歌手の佐田玲子。
東京音楽大学付属高等学校、桐朋学園大学音楽学部卒。桐朋学園大学院大学在学中。
父親が果たせなかったヴァイオリニストの道を歩み、現在は主にアンサンブルを中心に
研鑽を重ねている。
2008年にヴァイオリン2名とピアノの編成によるTSUKEMENという音楽トリオでデビュー。
2009年にファーストアルバム「序奏~プロローグ」(日本音声保存)を発表した。

地元でのライブは次の通りだ。
「TUKEMENライブ」
4月12日(日)軽井沢大賀ホール
4月18日(土)岡谷市カノラホール
ちけっとぽーと 03-5403-3330
FC2 Management

コメント


トラックバック

GO TOP