fc2ブログ

Royal Hawaii

ALOHA! ハワイアンバンドでスチールギターをやっています。 ハワイアンファンの皆様、全員集合。

DSC01820.jpg
DSC01824.jpg
DSC01827.jpg
DSC01828.jpg
DSC01830.jpg
DSC01833.jpg
DSC01835.jpg
DSC01836.jpg
DSC01839.jpg
DSC01840.jpg
DSC01851.jpg
DSC01852.jpg
DSC01854.jpg
DSC01855.jpg

 ハワイのお正月の風景はアメリカの中でも類を見ないユニークさ。多人種文化を
そのままに反映され、さまざまな国のお正月の風習が長年の歴史の中で穏やかに
ブレンドしている。
アメリカではクリスマスツリーは新年が明けた1週間くらいまで、飾っておくこと
が多いが、ハワイの場合には日系人はもちろんそうではない場合も門松
(または門松風のもの)を飾るので、クリスマスツリーと門松が共存するというと
てもミスマッチな光景になったりする。
さて、そんなユニークなハワイのお正月の食卓はどんな風にお祝いされるのか?
まず地元の年末のニュースでも大きな話題として取り上げられるのは、マグロの
水揚げ量と年末の価格。
それというのも、ハワイのお正月はマグロの刺身がないと始まらないと言っても
過言ではない。ハワイでお刺身といえばPOKE(一口サイズに切った生魚をハワイアン
ソルト、醤油、海草、スパイスなどで味付けしたハワイ風お刺身)が真っ先に浮ぶが、
お正月には日本人にもなじみの深いSASHIMI(お刺身)こそがハワイのお正月になくては
ならないものなのだ。暮れが近づくとテレビも新聞のニュースもお正月マグロの価格が
トップニュースとなる。そして、ハワイでも SASHIMI はワサビとお醤油で食べるが、
ツマはなぜか千切りキャベツというのがお決まりのようだ。
クリスマスが終わると、ハワイのスーパーマーケットには日本のお正月を連想させる食材
が並ぶ。日系スーパーでなく、一般のスーパーにも、サトイモ、ミズナ、カマボコ、
お餅などが登場。そして、お煮しめもお正月にはおなじみのお料理。ハワイではNISHIME
が英単語で通用するほど。日系アメリカ人家庭では、昔ながらの石臼でお餅をつく、
日本よりも日本らしい家庭もあり、本格的なお雑煮やおせちが作られていると言う。
日本でおめでたい色といえば紅白。もちろんお正月のカマボコも紅白だが、アメリカで
ホリデーシーズンのカラーと言えば?赤と緑のクリスマスカラー。アメリカと日本の風習が
ミックスされているハワイでは、地元産カマボコにはちゃんと緑色のものがある。ハワイの
お正月ならではのユニークなお祝いカマボコです。
ハワイアンソルト、醤油、海草、スパイスなどで味付けポケ ハワイもアメリカだから、
お正月のお祝いはあっという間に元旦の一日だけで終了する。 大晦日はアメリカの風習で
打ち上げ花火が行われるが、もうひとつアメリカ広しといえどもハワイだけの風習となって
いるのが、中国のお正月で使われる爆竹。この数年、個人が購入できる打ち上げ花火の種類
や爆竹の数の制限がされるようになったが、それでもハワイの大晦日は爆竹の炸裂音と煙、
花火のパチパチとはじける音が島中を包みこむ。
いずれにしてもハワイでも日本と同じと考えればいいのでは。
スポンサーサイト



テーマ:ハワイ生活 - ジャンル:海外情報
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://01670167.blog74.fc2.com/tb.php/703-b9a52c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック